改装マンションの美掃のご依頼

ウダウダの予感

今回は他の業者さんが作業を行なっている中での作業となりました。
工程的にはクリーニングは最後の役割なのでこのパターンだとウダウダになるのが目に見えています。浴室美掃 廊下美掃 トイレ美装

自分の常識は他人の非常識

浴室、脱衣場、トイレから先に清掃です。改装なので基本ホコリの除去だけです。浴室を終えてトイレに取り掛かり便器を見てみるとあろうことか使用した形跡があります。過去にも賃貸アパートの退去清掃で畳屋さんが雨あがり後、土足で歩き回り手間を増やしてくれましたのでこの業界に稀にだと思いたいですが非常識な方がみえるのは織り込み済みです。我々クリーニング業者が最後にクリーニングを行なうから構わないという考えでしょうが、逆の立場になれば嫌ではないのでしょうかね? 顔も知らない赤の他人に一番最初に使われて・・・。そもそも、お客様宅に伺う在宅クリーニングにおいても基本、おトイレはお借りしません。師匠曰く、お客様宅のクリーニングに伺ったのに汚してどうするんだと・・・
では、どうするかというとまず極力事前に水分を摂取しないようにします。お客様宅で気を遣われて飲み物を頂く事もありますが、理由を話して丁重にお断りいたします。それでも生理現象なので最悪の場合はこれはこれで迷惑かもしれませんが近隣のコンビニをお借りします。もちろん使用料を兼ねて何かを購入させて頂きます。

再工事

浴室、トイレ、洗面台と終わりサッシに取り掛かり始めたところで、洗濯パンの向きを変えると違う業者さんがみえました。洗濯パンのみを簡単に変えれるのかと思いましたが配管から変更しないといけない様で素人目には結構大変そうです。電動のこぎりで床も切断しています。粉塵がぁ~・・・と思いながら作業をしているとしっかり掃除機もかけて拭き取りまでしていってくれ「汚してすみません」とお声かけまでして頂きました。くどいですがトイレを無断使用した人に聞かせてやりたいですね。

改装場所以外のクリーニング

部分改装という事でキッチンは改装してないのでクリーニング対象に含まれておりません。施主様が予算の都合で改装を見合わせたのだと思います。素人考えですが改装料をサービスする事は流石に無理だと思いますがクリーニング代くらいはサービスできるくらいの利益は出ていると思うのですが・・・。
改装してお部屋は綺麗になりましたがキッチンはそのままなので逆にみすぼらしく見えてしまいます。

再掃除・・・

恐らく施工主様側だと思いますがクリーニングした後の床に拾えば済むゴミをそのまま放置・・・。先に帰られた部下の方は自分の作業で遅れたと謝罪しこちらがやる部分まで気を遣って掃除してくれ、帰りがけに「遅くなってすみません」との言葉までかけて下さいました。本当に自分の常識は・・・ですね。
最初の予想が的中しダラダラとぼやいてしまいましたが感謝されるとまでは行かなくてもせめて自分自身お客様や周りにご迷惑をかけないように気を付けて行きたいものです。

ロートクリーンホームページのリンク

江南市に空室清掃に行ってきました

スケールで全面武装された汚腐呂

江南市で空室清掃してきました。今回もスケールで武装された洗面台と汚腐呂でした。前回の江南市の物件もスケールで武装されていました。お風呂の状態、トイレの状態が非常によく似ていました。住んでいた方はもちろん別人なのにと不思議でした・・・。
今回も写真を撮り忘れて慌てて途中で・・・。

浴室扉浴槽洗面台蛇口

愛知県は全国一の軟水

愛知県は水道水の硬度が最も低く(硬度26.4mg/l)、逆に、最も硬度が高いのは沖縄県(硬度84.0mg/l)となっており、日本の水道水はほとんどが硬度120mg/l未満の軟水となりますが、水源がそれぞれ違う為、都道府県によって硬度は異なります。
この予備知識はあったので、失礼な話ではありますが、スケール付着は使い方が雑なのかと漠然と思ってましたが、前職で名古屋市に比べて一宮市のスケールのつき方が酷かったのを思い出し、調べてみました。

水源は川や湖だけではない

特に調べたり聞いたこともなかった為、水源は全て川だと思ってましたが、地下水を地域によっては多く利用しており、一宮はほとんど地下水を利用しているようですね。川に比べて地下水はその名の通り地下にある為、様々なミネラル分を含んでいます。よってスケール付着のもととなるカルシウム・マグネシウムも多量に含まれています。又、鏡の天敵のシリカも。
江南市の水質は大きく二種類に分かれているようでもう一つは軟水のようです。前回と今回の江南市の物件は中硬水100mg以上~300mg/l 未満)に近い部類に入る事がわかりました。
スケール付着の元となる水がこれであれば、余程こまめに水を拭き取らないといけないようですね。又、水洗の水自体がこれではトイレの黄石(にょ〇石はなんか抵抗が)も固着しやすくなるのも当然ですよね。
つまり、お風呂がスケールで武装されているとほぼ、トイレも黄石で武装されているという事になります。洗面台は当然、お風呂同様ですね。

スケールと黒カビ

さらにスケールが酷いお風呂は必ずと言って良いほど黒カビもすごいことになってます。これにも理由がありました。

黒カビの増える負のスパイラル

硬水だと石鹸カスが多く出ます
(石鹸成分とカルシウムやマグネシウムが結合して水に溶けない&洗浄力の無いものに変質)
      ↓
洗浄成分が弱まる分、シャンプー等も多く使う
(シャンプー自体も養分となる)

      ↓
更に石鹸カスが多く出る
      ↓
黒カビが増える
(黒カビはプラスチック等、何でも栄養にしますが石鹸カスと
多めのシャンプーで更に栄養豊富となります)

このような負のスパイラルが浴室の中で起こっており、これに、更にホコリや皮脂等が絡み合ってカビ汚れ自体も強固になります。こうなるとカ〇キラーだけでは除去しきれません。

結論

よって、中硬水の地域だと
洗面台のスケール=風呂場のスケール=風呂場の黒カビ=トイレの黄石という4つの頑固な汚れが重なる事となります。更に水を使う台所も同様となります。もちろん、掃除の頻度や各々の素材、建物の構造にも左右されますが、賃貸アパートだと条件が似通ってくる可能性が増えるのではないかと思います。
手を付けれなくなる前にお早目のご用命をお待ちしております!
ロートクリーンホームページのリンク

一宮で洗濯パンと洗闘

間取りは1Kで汚れも洗濯パンとトイレ以外は綺麗な物件でした。

洗面台から洗闘開始

洗面台が間取りの割には大型でした。この大きさでスケールで武装されていると萎えますが、スケールもほぼない綺麗な洗面台で鏡も拭き取りだけで済みました。

洗面台清掃前 洗面台清掃後

洗濯パンとの初洗闘

洗濯パン洗浄前洗濯パン排水溝蛇口洗浄前  

ここまで手強い洗濯パンは初でした。蛇口もメッキ部分が見えません。まるでブロンズセイントです。洗濯パンがサビでここまでなるイメージの洗濯機は子供の頃に行った祖母の家の手で回すこんな洗濯機ですね。

洗濯パン洗浄後蛇口洗浄後

洗闘終了です。蛇口もブロンズセイントからシルバーセイントにレベルアップです。配管から臭気が上ってくるためラッピングしました。

次はトイレで洗闘

トイレはお風呂や洗面台に比べて固着した黄ばみで(にょ〇石と書くのは何故か抵抗ありますね)ここで以前のブログであげたPRO IMPACTデスケーラーの登場です。満を持しての登場でしたが、ビクともしませんでした・・・。黄色い石は苦手なのかもしれませんね。又、トイレットペーパーでパックすれば効果があったのかもしれません。今日はラップとペーパータオルしか無かったのでさすがに回収したくないので・・・。
結局、ガリガリと削り落としました・・・。封水の部分は汚れが固着していなかったのが救いでした・・・。

トイレ手洗い場洗浄前トイレ洗浄前トイレ洗浄後

汚腐呂

今日のお風呂は汚腐呂ではなく綺麗でした。(後から画像を見ると綺麗ではないですね・・・)カビもスケールも殆どなく短時間でクリーニングできました。但し、床のザラザラの目にスケールがこびりついていたので、又々、PRO IMPACTデスケーラーの登場でしたが今回も撃沈・・・。高い買い物となりましたね。

浴室床洗浄前 浴槽洗浄前 浴槽洗浄後

シャワーヘッド

水漏れシャワーヘッド

賃貸物件のシャワーヘッドはヒビが入っている確率が高いです。手を滑らせ落として床に当たってヒビが入るのだと思います。今日のお風呂もそうでした。素材等か取り付け位置をもう少し考えれないものなのでしょうか?

空室清掃終了

エアコン、レンジフード、キッチンもキレイな状態でカビ、油の付着は殆どなくベランダ、窓・サッシ、床ワックス等々行ない無事、洗闘終了しました。

ロートクリーンホームページのリンク