ベッドマットレスクリーニングのご紹介

ベッドマットレスクリーニング

ベッドマットレスクリーニングは健康に直結する重要なクリーニングです。よく言われるのが人生の3分の1の時間を過ごしている場所という事です。メーカーの思惑もあり寝具の種類、品質にはこだわる方が増えてきましたが、布団と違い、ベッドマットレスは重く大きい為、物理的に手入れがしにくくせいぜい布団用掃除機で手入れするくらいではないでしょうか?
マットレスにそのまま寝る方はいないと思います。その中でも汚れを意識する方はボックスタイプのシーツを使用するのではないかと思いますが交換するのが大変で大多数の方は敷くタイプのシーツや薄手のマットや布団を敷いているのではないかと思います。シーツを定期的に交換していてもマットレスにも汚れや寝汗がもちろん付いています。汚れや寝汗がつけばそれを栄養源とするダニやカビが繁殖します。
よって、シーツを交換していても交換したその時から汚れが移染することになってしまいます。
マットレス洗浄の依頼目的の主な理由はオネショや汚れですが、アトピー性皮膚炎や喘息等の原因であるダニ等のアレルゲンを洗浄する為に年一回を目安にご依頼いただけるとよろしいかと思います。

ロートクリーンのマットレス洗浄のご紹介

【ベッドマットレスのアレルゲン】

マットレスのアレルゲン

ベッドマットレスの表面、内部にはハウスダストが蔓延しています。ダニは生体(生体は害を及ばさない等、諸説ありますが同じタンパク質構成である事を考えると害はあると思います)、死骸や糞がアトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー性疾患の原因となっています。よってダニのアレルギー対策は生体のみをターゲットにしても意味がありません。ダニの駆除、忌避等だけではダニの死骸、フンが残ってしまい。万全のアレルゲン対策とは言えません。
ダニの寿命は好条件で100日前後です。100日生きたダニは100個程度産卵します。その卵から孵ったダニもそれぞれ同様に成長し産卵します。またダニは100日間生存したと仮定すると500個以上の糞をします。生存期間に排泄された糞と寿命を全うした個体は死骸となり、その全てがアレルゲンとなるためネズミ算式にアレルゲンが増えていきます。 よって、目に見えるシミ等ばかりに囚われるのでなくマットレスクリーニングを行なうのであればダニ由来のアレルゲンを徹底的に排除しなければなりません。
マットレスクリーニングは汚れだけでなくアレルゲン対策をしっかり行なうために両面施工をお勧めいたします。

【マットレスに付いていたホコリ】

ホコリ

ハウスダストには大きく分けると水溶性と非水溶性があり非水溶性のハウスダストは水を使うリンサーでは取りにくく事前に専用掃除機で徹底的に除去します。
肉眼では目に付くホコリが無くても専用掃除機をかけるとフィルターは真っ白です。
専用掃除機でマットレス表面は当然として内部のダニの死骸、フン、花粉、皮膚片等のアレルゲン、ホコリの90%以上を吸い出します。
リンサーの水洗浄に頼る業者も多いですが最初にしっかりとホコリを除去しないとスチームや洗浄の勢いでマットレスの表面や中の細かなホコリが更に奥に入り込んでしまいます。洗浄後の汚水は茶色や黒色になり、汚れを吸い出した気になります。ですが、お茶を考えて頂くと分かりますがお茶が緑色になっても、お茶の葉は急須に残ったままです。熱湯を入れても、何回お湯を入れてもお茶の葉は消えて無くなりません。それと同様です。どれだけアレルゲンを除去できるかは最初の掃除機がけが肝心です。但し、一番除去したいダニの死骸やフンは水溶性らしいのでこれに関しては水だけでも残骸が残る可能性は少なそうです。死骸が水溶性というのは???ですね
尚、しっかりハウスダストをかき出しますが排気でハウスダストをまき散らしたら元も子もありません。掃除機の排気の集塵率は99.9%の物を使用しているのででハウスダストをまき散らしません。

【60℃の熱でダニは一瞬で死滅】

スチーマーでダニ退治

ダニは『50℃の熱で20~30分、60℃の熱で一瞬で死滅』します。 よって、ダニであればスチーマーで撫でるだけで十分効果が有ります。ですが、ダニは危険を感じるとマットレス深部に逃げてしまう為、撫でるだけでなくしっかり時間をかけてスチーム洗浄をする必要が有ります。
ロートクリーンでは丁寧に時間をかけてスチーム洗浄しております。
業者の中にはスチーマーを用いない方もいますが、ダニ駆除にはスチーマーが最善というか必須ですので施工内容でスチーマーの使用を確認されると良いかと思います。

【強力な除菌水での洗浄】

除菌水のイメージ

 

※ベッドマットレスクリーニングのご用命はお電話にてお問合せ下さい。ウェブ上では申し込み欄がございません

【料金表】

マットレス値段表

マットレスクリーニングは汚れだけでなくアレルゲン対策をしっかり行なうために両面施工をお勧めいたします。

ロートクリーンホームページのリンク

水垢との洗闘

水垢をスケールというのが分かります

まるで、古い温泉の様な状態のお風呂でした。水垢をscale(堆積物)というのがよくわかります。日本語の「水」と「垢」という表現からは両方とも柔らかい物で手強さを全く感じさせませんよね。
ステンレスの浴槽で外側は青く塗装してあります。かなり古いお風呂の様ですが錆も浮いていなく外側のスケール以外はかなり綺麗で内側には全くスケールも汚れもついておらず、その当時は高価だったのかもしれませんね。
浴槽清掃前 浴室扉清掃前 浴槽清掃後 浴室扉清掃後

かなり力を入れないと取れませんが力を入れすぎると塗装を剥がしてしまいます。ポリッシャーでは力加減が難しいので人力です。
何度も洗剤を塗布して擦っては流しを繰り返し何とか青い部分が多くなりました。新品の時はかなり綺麗な青色だったのが分かります。
浴室の扉もスケールで完全武装です。すりガラス状のアクリル板で凹部分に水垢が固着しておりこちらも一筋縄ではいきませんが、すりガラス状になっているので一部分に力を加え過ぎなければ傷も目立ちません。かなり手こずるかと思いましたが、一回の洗浄でほぼ落とすことが出来ました。何度やっても駄目な時もあり、未だに違いが分かりませんが、水質や期間等の条件によって色々と変わってくるのでしょう。
今まで浴室を依頼されたお客様は、放置していたわけでなく、色々と試されて駄目だという事でのご依頼がほとんどです。試された方法が良くてクエン酸までです。殆どがアルカリ性の洗剤での掃除の為、徒労に終わってます。又、限度を超えるとスケールが強固になる為、力も必要となり女性の力では手に負えなくなってしまいます。
お風呂の洗剤は私が知っている限りは殆どが湯垢に的を絞っていて水垢は鏡等でダイヤモンドパッド等の削らなくてはいけなくなった状態を対象とした商品しか無いように思います。

『水垢』と『湯垢』は同じ垢でも性質が別物

「水垢」と「湯垢」は「水」と「湯」になっただけで同系列に思いますが性質は全く別物というか正反対です。
「水垢」とは水道水に含まれる炭酸カルシウムが原因。浴室の鏡のうろこ状のものが代表的ですね。
こちらはアルカリ性の性質を持っています。よって洗剤はクエン酸等の酸性の物。

一方「湯垢」は一般的には水道水の中のマグネシウムと石鹸の成分や皮脂汚れ等が化合したものですが、状況によって状態も変わる為、分かりにくいかもしれません。というのも、浴槽の水面につくものでも、ザラザラしていたり、ヌルヌルしていたりします。床面は黒くベトツクものもありますが基本的に性質は酸性の性質を持っています。よって重曹やセスキ等のアルカリ性の物を選ばなくてはなりません。

同じお風呂汚れで名称も似ていますが、実は真逆の性質なので洗剤も酸とアルカリを使い分けなければいけませんが、大抵、一種類の洗剤で対処しており、同性質の汚れを助長した形になってしまっています。

もしかしたら、これまで水垢と思って必死に落としてた汚れは、湯垢だった可能性もあります。逆もしかりです。基本的に白い汚れは酸性の洗剤、それ以外はアルカリ性の洗剤と考えれば大丈夫ですがあまりにも放置していると絡み合っている場合もあるので、あまり難しく考えず、汚れが取れなければ逆の性質の洗剤を使えば良いと思います。但し、絶対混ざらないように気を付けてくださいね。

ロートクリーンホームページのリンク

屋根の上のヘニョ⤵

ノーマルエアコン3台のクリーニング

一宮で三菱電機、三菱重工、パナソニックのノーマルエアコン3台のクリーニングを行なってきました。どれも大事に使っておられ一台は10年越えです。

エアコン画像エアコン画像エアコン画像

 廃液画像 室外機 

ノーマルエアコンなのでどちらかと言えば作業の遅い、よく言えば丁寧な私でも作業ペースは早いです。先に安さに釣られて購入したお蔵入りのエアコン洗浄カバーを使って2番目に行なうエアコンに洗剤だけかけておきます。手の遅い分、段取りでカバーです。経年劣化によってカバーが2台はかなり緩くなっています。ヒビの入っている箇所もあり冷や冷やモノでした。

屋根の上の室外機にヘニョ⤵

1番目のエアコンの洗浄を始め、室外機のドレンホースの確認をしようと思いチラ見すると瓦屋根に室外機が・・・。念の為、お客様に確認するとやはり屋根のものでした・・・。違っている事を祈りましたが駄目でした。諦めて屋根に出るとホースが3台ともついていません??? 熱交換のパイプに巻かれてしまっているのかと思い見てみてもありません。どうやらダイレクトで排水している様です。本体に短い塩ビでも付けてあるのでしょうか? 排水自体は見えますが何から出ているかは隠れて確認できませんでした。3台とも10年級のエアコンですが家主も分からなさそうなので今まで詰まりによる漏水は無いのでしょう。吸引をあきらめて洗浄を続けました。一番古いエアコンから濃厚な廃液が出てきます。経年劣化で黄変した黄ばみが取れないので今一つさっぱりしませんが無事洗闘終了です。
3台のうち2台は古いと言っても10年以内なのでもう少しメンテナンスの事考えて取付位置や排水パイプを設置してもいいと思うのですが同じ業者が取り付けたのでしょうか? それとも先のエアコンの取付に違う業者が倣ったのでしょうか?今度は買い替えになりそうですが、その時はどうなるか見てみたいですね。

ロートクリーンホームページのリンク

 

トイレ2カ所のご依頼です。

一宮でトイレ2カ所の施工です

 

トイレ単品でのご依頼とあって失礼な思い込みですが、汚吐入かと思えば、ホコリは多めでしたがごく普通の状態でした。依頼された理由が年配の方で右手が不自由で掃除が出来ないと事でした。お金は頂いていますがお手伝いできた様で気持ちが良いですね。
以前は介護保険で定期的な掃除の依頼が出来たようですが今はよくある改悪で仕組みが変わり介護保険が使用できなくなったので依頼しにくくなったとの事です。
本当にこの国は大丈夫なのか不安になりますね。外国人労働者を受け入れる枠を拡げるという事ですが、大企業に吸収されて終わりなのでしょうね・・・。本当に必要とされている場所に受け入れて欲しいものですね。きめ細かい?といわれる日本人の様にはいかないかもしれませんが、介護そのものでなくてもこういった方の手助けであれば日本語が出来なくてもある程度は何とかなるような気がします。

洗闘開始!!

トイレの小窓も全て外してクリーニング。おタバコを吸われるようでトイレ内に結構、ヤニ汚れがありましたが、きれいになり、小窓の木枠の部分がコゲ茶色かと思っていましたが、元は白っぽい木だったようです。

まさかの網戸との死闘・・・

順調に終わり窓をはめて終了という所で最後2カ所目のトイレの網戸がはまりません・・・。元々、器用な方では有りませんが、それにしてもです。網戸の形状も結構種類があり今回は初めて見る形状です。上部両端にU字型のプラスチックが二個ついておりそれが網戸のレールを挟み込む仕組みになっています。外側に面格子がある為、角度が足りず上部のプラスチックが引っ掛かります。かなりの時間を要して何とか装着・・・。途中諦めて格子を外そうかと思ったほどです。
はまらなかった原因はおそらく新しい時はプラスチックが柔らかくある程度強引にはめれてたのかもしれませんが経年劣化で硬くなり融通が利かなくなってしまったのかもしれません。又、あるいは結構古い家だった為、枠が歪んできているのかもしれません。もちろん、自分のブキッチョも否めません・・・。

災い転じて福となす

クレームもののドタバタ振りが一生懸命に映ったのか、気に入って頂けたようで次回、お風呂をご予約されました。それも、こちらの都合の良い時に電話してくれとの事です・・・。ご訪問の際も、電話の対応が良かったから依頼したと言ってくださいました。自画自賛しているわけでなく、ハウスクリーニング業者のお客様との約束事項等を見ていると「えっ?」という低レベルな事が書いてあると思った方もみえると思います。要するに残念ながら常識外れの業者もいるという事なのでしょうね。私もそうならないようにいい歳してますが精進していきます。
又、最後にはお会計以外にお駄賃まで頂いてしまいました・・・。もちろん、遠慮させて頂いたのですが、強いお申し出だった為・・・。

ご依頼大歓迎!!

ハウスクリーニングのメニューの中で心情的にトイレの依頼はしにくいのかもしれませんがロートクリーンではご依頼大歓迎です。遠慮なさらずに是非ご依頼ください!!
ロートクリーンホームページのリンク

商用車のお祓いを真清田神社で行なっていただきました。

商用社のお祓いを真清田神社で行なっていただきました

真清田神社でお祓い後の車

予算の都合でお値打ちな乗用車タイプの中古軽ワゴンです。業務用ワゴンは中古でもかなりのお値段です

車内までお祓い

一宮の真清田神社でお祓いをして頂きました。以前、自分の車を他の神社で行なっていただいた時は中までやって頂けませんでしたが、今回は扉を開けてお祓いをして頂きました。中に仕事道具が雑然と乗っていたので恥ずかしいやら申し訳ないやらでした。真清田神社でお祓いされる方は納車直ぐでなければ車内を整理整頓してお出かけください。

屋内でご祈祷して頂いた後、外に出て車のお祓いをして頂きました。小雨がチラついており、宮司さんには申し訳なかったですが丁寧にお祓いしてくださり感謝です。車の前に散らばっているのは桜の花びらを模した紙?です。お祓い時に艶やかに散らしていただきました。お祓い時でなかったら良いシャッターチャンスでした。さすがにスマホを取り出すのも失礼なので無理でしたが、今時であれば写真を撮る強者もいるかもしれませんね。

最強の営業力

お守りが2種類とステッカーがしっかりしたビニール製の簡易バッグに入っており、バッグには来年のお祓い時にお持ち下さいとありました。自分の感覚では納車時の一度きりか、やらかした時にお祓いして頂くものと思っており、毎年行なう認識は無かったので驚きでした。しっかりとしたビニールバッグという事とそれに神社の名前が入っているので捨てることもできません。最初から分かっていれば断れたかもしれません。これでは、来年行くかは分かりませんが、少なくとも最低もう一回は行かなくてはなりませんね。狙っているのであれば上手な営業手法ですね。是非、見習いたいですね!!

ロートクリーンホームページのリンク