20年間無施工のレンジフードのご依頼

一宮市でレンジフードのご依頼

レンジフード外観 レンジフードフィルター レンジフード内部 ケーシング内部

謎の仕様

お値打ち品なのかは不明ですがこのタイプの艶消しブラックの塗装は酸化した油に一番弱いのではないかと思います。外側は酸化油に強い塗装でも内側は同じ艶消しブラックで塗装が弱いものもあります。塗装方法が特殊でコスト高になるのか塗装自体の値段が違うのかは分りません。外がみすぼらしくなるのも問題ですが、一番油が付くであろう内側に酸化油に弱い塗装を使うの仕様も謎です。
メーカーも塗装が劣化するのをもちろん知っておりアルカリ洗剤の利用を控える様にと注意書きがあります。本末転倒ですね、強い油汚れにアルカリ洗剤が使えないとは? 買い替え需要を狙っているのでしょうかね。

べっこう飴の様な硬化油

今回のご依頼者は20年使用して初めてのご依頼です。外装にもかなり油が回っておりペンキの劣化が激しそうです。シロッコファンを取り出すとフィンの部分にもかなり油が詰まっています。ケーシングの中はみたらしのタレをはるかに通り越しガチガチです。プラスティックヘラでは歯が立ちません。金属ヘラを作業車の中に置いてきていたので戻る時間が惜しくスチーマーで固化した油を緩めながらヘラで油を剥がした後、洗剤でケーシングの中の汚れを除去しました。
フードの内側は洗剤を噴霧しスチーマーとスポンジで汚れを落としていきます。両側についているフィルター位置の調整用の板はすでに塗装が剥がれ始めています。塗装が残っている部分も塗装が浮いている為、洗剤を付けると全て塗装が剥がれるのは必至です。現にフィルターはお客自身の掃除で塗装は全て剥がれています。
レンジフード外側上の換気穴付近もかなり油がこびりついているので外側も塗装が剥がれる可能性があるとは思ってましたが、予想以上に剥がれてしまいました。

スプレーで部分塗装

事前にお客様には了承して頂いていましたが流石にみすぼらしくなりすぎてしまいクリーニングした感が全くありません。お客様もご了承しているとはいえ見た目はクリーニング前よりみすぼらしくなってしまっているので内心は不安、不満足だと思います。私自身もさすがに達成感が無いので自己満足も兼ねてサービスでクリーニング終了後、壁をマスキングして常備しているスプレーで塗装しました。お客様にもとても喜んで頂いたので気持ちよく洗闘終了です。
黒い艶消し塗装のレンジフードは美観を保つためにも年一回のクリーニングを是非お勧めします。

ロートクリーンホームページのリンク