お掃除機能付きエアコンのクリーニング

お掃除機能付きエアコンの過大評価

エアコンホコリ  フィルターホコリ フィルターほこり エアコンホコリ フィルターホコリ  エアコンホコリ

フィルターホコリフィルターホコリお掃除機能付きエアコンをクリーニングしているとノーマルエアコンと比較して結構な確率で凄い事になっているのに遭遇します。

今回のケースも元々、ノーマルエアコンでのご依頼でした。吹き出し口を見るとカビもホコリも殆どついておらず、クリーニングの必要が無いことを伝え、他のエアコンも確認しますかとお伺いしたところお掃除機能付きだから大丈夫と即答でした。経験上、こちらのエアコンの方が汚れているだろうと思い確認させていただくと案の定、即クリーニングした方が良い状態でした。お客様に判断を仰いでお掃除機能付きエアコンの方を掃除することになりました。

お掃除機能付きは手入れしないで大丈夫

大抵のお客様は家電量販店で購入されると思いますが、購入時の説明がしっかりされていないか、機能を誇張しているのではないかと思います。フィルター掃除の手間が少なくなるだけなのに、

フィルターの掃除を全くしなくて良い

お掃除機能付きだから吹き出し口やアルミフィンにもカビが生えない

等々、拡大解釈している方が多々いらっしゃいます。その結果、カセット式のタイプだと埃が満タンになって溢れ、収まらないホコリが行ったり来たりするだけになり通気性が悪くなります。通気性が悪くなると湿気がこもりアルミフィンや吹き出し口にカビが発生しやすくなります。
又、単純にお掃除機能の部品が多い為、構造的にノーマルエアコンに比べて開口部が少ないです。よって、フィルターが詰まるとノーマルエアコンよりカビが付きやすくなってしまいます。

LDKに設置されるお掃除機能付きエアコン

又、お掃除機能付きをメインエアコンとして寝室等の部屋はノーマルエアコンにする傾向にありますが、家の間取りがLDKになっているお宅が多く、よってお掃除機能付きエアコンはLDKに設置されます。そうなれば、キッチンの油が部屋に回り、エアコンのフィルターに油が付くと埃やフィルターそのものが油でコーティングされてしまいます。尚、お掃除機能はブラシで埃をかき取っているだけの機能の為、埃を取ることができないどころか、油にしっかりと埃を練り込み、より強固なコーティングを作り上げ、しっかり湿気を内部に閉じ込めます。その結果、アルミフィンにカビが蔓延する事になります。

最新防カビ機能

メーカーもお掃除機能付きエアコンではカビが防げないのをさすがにわかっているようで、最上級の機種ではアルミフィンを凍結させたり逆に加熱しカビやホコリ、油を洗い流す機能がありますが、これも片手落ちで吹き出し口はノーガードです。
又、吹き出し口等、各所にステンレスを仕様してホコリや菌が付きにくくしてる機種もありますが、油等の汚れが一旦付いてしまえば効果は全く無くなってしまいます。

ノーマルエアコンがお勧め

結局、ノーマルエアコンを安く購入して定期的にフィルター掃除はご自身でして頂き、エアコンクリーニングをこまめにご依頼していただく方が体にも財布にも優しいのではないかと思います。ノーマルエアコンであれば5000円程度で行なう業者もいる為、年一回ペースでも割安に思います。
ロートクリーンも割安の部類に入ると思いますが、カビを分解するバイオ洗剤とバイオ消臭剤を使用し、内部をブラッシングし丁寧に作業を行なっております。エアコンクリーニングは是非ロートクリーンをご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク

エアコンクリーニングを使い初めの初夏に行なうのは無意味です!!

話が長くなるので結論から申しますと・・・、

エアコンクリーニングを使い初め
初夏に行なうのは無意味です!!

無意味というのは少々乱暴ですが、ハウスダストの原因となるダニに焦点を絞るとという事です。以下に順を追って説明していきます。

カビとダニの関係

エアコン内部にカビが生えていることはご存知だと思います。又、エアコンが吸気する時にホコリ、花粉、ダニの死骸・糞等のハウスダストを吸着しているのもご存知だと思いますが、エアコン内部で生きたダニが増殖するのはあまりご存じないのではないでしょうか?
人を刺したり、感染症を媒介したりと、何かと害のあるダニ。ダニやダニの死骸、ふんなどは、アレルギー、ぜんそく、皮膚炎、結膜炎などの原因となり、要注意な存在です。一般的に、カビの多いところにはダニが多くいます。カビにとって繁殖しやすいところでは、生育環境が似ているのでダニも繁殖しやすくなるといえます。よって、エアコン内部にもダニは発生します。

アレルゲンを出すエアコン実は、カビはダニの大好物なんです!!
→ 実は、黒カビをダニは食べないんです!!

 

 

アレルゲンでくしゃみする猫上のタイトル通りなんですが、カビとダニの関係を色々と調べていくとカビをダニが食べることにより、カビだけでなくダニも増殖すると色々なところで記載されています。

ですが、よく調べていくと・・・

エアコン内部に発生する黒カビ(風呂場のパッキンにつくカビと同じ)カビを食べるとされるコナダニは食べません。よって、エアコン内部の黒カビが原因でコナダニが増殖するという事はないようです。
ですが、実際にエアコン内部でダニが大増殖する事例もあるようです。

では、何故なのか・・・?

皮脂類、ホコリを食べるヒョウダニというダニがエアコン内に集められた栄養たっぷりのハウスダストをエサにしているという事ではないかと考えられます。更に、ヒョウダニは普通に皮脂を食べますが、黒カビが脂肪分を分解した皮脂を好む傾向にあるようです。我々がカビを利用して食物をおいしくするのと同様、油が分解されておいしいのかもしれませんね?
又、更にヒョウダニをエサにするツメダニというダニも存在するのでエアコン内部でツメダニも一緒に増殖してエアコン内部だけで食物連鎖が起きていると考えられます。

エアコン内部での食物連鎖

湿度  40%~80%以上
胞子は死滅しない
60%以上
誤差はあるがほぼ同じ
黒カビ ヒョウダニ コナダニ ツメダニ
エサ 皮脂・ホコリ・有機物
(無くても良い水分が重要)
皮脂・ホコリ
汗1gで、約300匹の
ダニが生息できる

黒カビが皮脂の脂肪分を分解したものを好む
乾物、調味料、
パン粉、味噌、
菓子類など多種
ヒョウダニ、
コナダニ
温度 25℃~28℃
胞子は死滅しない
20℃~30℃
誤差はあるがほぼ同じ

冬にカビ・ダニは死なないのか?

本来、ダニにとって冬は、気温が低く乾燥しているため、生きにくい季節で夏に発生する害虫と思われがちですが、最近では住宅の気密性や断熱性が向上している上に、加湿器の普及なども普及しています。尚、エアコンの取付位置を考えてください。普通、エアコンは部屋の上部についています。つまり熱は上昇する為、エアコン内部は使用しない冬場でも暖かいという事になり、一年中発生する環境が整っています。
但し
、冬が生育しにくい環境であるのは間違いないですが、死んでしまうわけではありません。寿命の約3か月間は動かずにジッとして生きていますし、死んだとしても、ハウスダストの原因の糞や死骸が残ります。

 ダニの死骸とフン又、卵に関しては寒さや乾燥に強い為、冬を越すことができます。
カビに関しても同様でカビ自体が死滅しても胞子は残るので、冬を越したたくさんのカビの胞子とダニの卵は、春から夏にかけて一気に発芽・孵化していきます。

結論アイコン

カビやダニが夏に大繁殖するのを抑えるには、冬の間に適切な対策をとるのが必要です。エアコンを久しぶりに使ったら臭った等で初夏の使い初めに依頼するお客様が多いです。当然ですよね、夏に酷使したエアコンの掃除をせずに一年間放置した為に、エアコンの中は汚れが現状維持どころか確実にカビ、ダニが増殖しています。
よって、使い終わる秋から冬にかけてエアコンクリーニングをするのが必要となるのです。キッチン等、なんでもそうだと思いますが、使い終わりに掃除をするのが、汚れを固着させないという最善の方法ですね。

ロートクリーンホームページのリンク

北名古屋市にダイキン製エアコンクリーニングに行ってきました。

北名古屋市にダイキン製のエアコンクリーニングに行ってきました。

エアコン洗浄前エアコン洗浄前エアコン洗浄前

エアコン洗浄前エアコン洗浄前エアコン洗浄後

エアコン洗浄前廃液エアコン洗浄後

2007年度製なので10年以上未清掃で経過しています。LDKのご自宅でご主人が愛煙家だそうで油とヤニとがホコリを更に吸い寄せ、相乗効果で汚れが増している状況でした。バルコニーをお借りして本体カバーは洗浄しました。お風呂場をお借りするのが抵抗のあるお客様もいらっしゃるのでバルコニーやベランダが使えるのはありがたいですね。

大手ハウスクリーニング業者が盛んにCM流していますが、まだまだ、エアコンクリーニングが身近になっていないようです。エアコンの値段も昔に比べれば下がっているので、クリーニング料金とのバランスが微妙なのかもしれません。

エアコンクリーニング料金の日割り計算

エアコンクリーニング料金の価値を日割り計算で考えてみます。エアコンクリーニング料金を約10,000円だとすると冷房として稼働するのは大体3,4か月です。4か月で計算してみると一日当たり約83円のご負担となります。除湿や暖房で更に使う可能性も考えると決して高額なお金ではないかと思います。カビや花粉、ダニの死骸を撒き散らす弊害を考えれば尚更です。

エアコンクリーニングに無関心な方がまだまだ多い理由の一つに、共働き、個人主義、変質者増加等で部外者をご自宅に入れることに対して抵抗があるのかもしれませんね。

ロートクリーンホームページのリンク

清須市にエアコンクリーニング行ってきました。

LDKでご利用のエアコンクリーニングはお早めに

清須市でLDKの東芝製のエアコンクリーニングに行ってきました。

エアコン洗浄前エアコン洗浄前拡大エアコンアルミフィン洗浄前廃液

約10年間掃除していないという事と育ち盛りのお子さんが三人も居らっしゃり、油を使う機会が多いのか、アルミフィンまでびっしり油がこびりついていました。油汚れがあればホコリが張り付き、更にそのホコリに油が吸い付くという悪循環に陥ります。こうなると、かなりのスピードでエアコンが汚れていきます。又、ホコリはだけならまだ良いのですが油が張り付くと熱変換効率も著しく落ち、エアコンが効かないばかりか、電気代も無駄に消費してしまいます。送風口も更にカビがプラスされておりカビ臭も酷いとのお申し出でした。

ロートクリーンホームページのリンク

江南市で汚腐呂と洗闘

汚腐呂でスケールとカビとの洗闘

江南市で空室の浴室クリーニングを行なってきました。

在宅も厳しい時もありますが、空室も中々の強者です。浴室全体にカビと汚れ、ホコリ、スケールが混ざり合って固着しています。

最初にカビの除去を行ないますが、色々な汚れが重なり合っている為、あまり効果が無く。削る作業がメインの力仕事となりました。空室になってどれほど期間が空いているのか分かりませんが、もう少し早い段階でご依頼して頂けたらと思います。私自身も賃貸に住んでいますが年一回くらいの頻度で管理会社が清掃を行なってもいいのではないかと思いますが、料金やプライバシーの問題で難しいのかもしれませんね。

鏡にもびっしりスケールがついていましたが綺麗にスケールを剥がすことができました。浴室扉洗浄前

浴槽洗浄前浴室床洗浄前

ロートクリーンホームページのリンク

あま市で富士通と三菱のエアコン洗浄してきました

あま市で富士通と三菱のエアコン洗浄してきました

富士通のエアコン洗浄

メゾネットタイプのお住まいで一階と二階のエアコン二台の施工依頼でした。
富士通のエアコンで購入後、数年経っていますが一度もクリーニングしていないという事でのご依頼でした。リビングのある一階はLDKなので油で汚れてるかと思いましたが、油汚れはありませんでした。又、猫も3匹飼ってらっしゃるのでホコリがすごいかもと仰ってましたがホコリもほとんどなく、送風口に若干のカビが付着している程度でした。色々施工させて頂いてますが、同じ住環境、経過年数でも何故かバラつきがあります。お客様自身も年数を目途に依頼されますが、カビの除去だけに絞れば一年に一度くらいの周期で施工するのが良いかと思いますが、カビは施工しても使用方法、頻度によってはすぐ生えてしまう場合もございますので、カビを汚れととるか呼吸に障害を引き起こす可能性のある菌ととるかで依頼の仕方が変わってくるのかと思います。丁寧にクリーニングして終了。次は二階です。

エアコン吹き出し口

三菱のエアコン洗浄

二階のエアコンのメーカーは三菱でした。施工の為に一階も二階も家具等をしっかりと移動してくれていました。旦那さんが仕事で忙しい、女性では非力で動かせない等で結構、家具の移動も厳しい時が多々あります。事情は良くわかるのですが、事前のお約束では作業スペースの確保、汚損の可能性という事で移動をお願あましでいしております。サービス業の難しい部分ですが、今回の方の様にしっかり移動して頂ける方と頂けない方との線引きが難しいですね。こちらが移動するのは業務なのか?サービスなのか?業務であれば当然工賃が発生します。サービスであればしっかり、準備して頂ける方に対してのサービスを間接的に悪くしているという事になります。又、こちらが移動等の事前準備を全て行なう事にすると最初から家具類を置いていない方へには不平等となってしまいます。可能な限り、全てのお客様が平等になるサービスが考えれると良いですね。

エアコン吹き出し口岩田君

話が横に逸れてしまいましたが、移動できないものはEXILEの岩田さんの等身大ポスターだけでした。娘さんのものという事ですが、「絶対濡らさないでね!!」という言付けでしたが「まぁー、水に濡れたらもっと良い男になるけどね♡!」と軽妙にフォローしてくれた様です。

メゾネットタイプのお住まいの為、一階のエアコンの汚れが少なかったので、上に油煙等が上ったかとも思いましたが二階のエアコンは使用頻度が少ないのか更に綺麗な状態でした。岩田君の等身大ポスターを厳重に養生して丁寧にクリーニング行ないました。綺麗な状態だった為、排水もごくわずかでした。

廃液

ロートクリーンホームページのリンク