お掃除機能付きエアコンのクリーニング

お掃除機能付きエアコンの過大評価

エアコンホコリ  フィルターホコリ フィルターほこり エアコンホコリ フィルターホコリ  エアコンホコリ

フィルターホコリフィルターホコリお掃除機能付きエアコンをクリーニングしているとノーマルエアコンと比較して結構な確率で凄い事になっているのに遭遇します。

今回のケースも元々、ノーマルエアコンでのご依頼でした。吹き出し口を見るとカビもホコリも殆どついておらず、クリーニングの必要が無いことを伝え、他のエアコンも確認しますかとお伺いしたところお掃除機能付きだから大丈夫と即答でした。経験上、こちらのエアコンの方が汚れているだろうと思い確認させていただくと案の定、即クリーニングした方が良い状態でした。お客様に判断を仰いでお掃除機能付きエアコンの方を掃除することになりました。

お掃除機能付きは手入れしないで大丈夫

大抵のお客様は家電量販店で購入されると思いますが、購入時の説明がしっかりされていないか、機能を誇張しているのではないかと思います。フィルター掃除の手間が少なくなるだけなのに、

フィルターの掃除を全くしなくて良い

お掃除機能付きだから吹き出し口やアルミフィンにもカビが生えない

等々、拡大解釈している方が多々いらっしゃいます。その結果、カセット式のタイプだと埃が満タンになって溢れ、収まらないホコリが行ったり来たりするだけになり通気性が悪くなります。通気性が悪くなると湿気がこもりアルミフィンや吹き出し口にカビが発生しやすくなります。
又、単純にお掃除機能の部品が多い為、構造的にノーマルエアコンに比べて開口部が少ないです。よって、フィルターが詰まるとノーマルエアコンよりカビが付きやすくなってしまいます。

LDKに設置されるお掃除機能付きエアコン

又、お掃除機能付きをメインエアコンとして寝室等の部屋はノーマルエアコンにする傾向にありますが、家の間取りがLDKになっているお宅が多く、よってお掃除機能付きエアコンはLDKに設置されます。そうなれば、キッチンの油が部屋に回り、エアコンのフィルターに油が付くと埃やフィルターそのものが油でコーティングされてしまいます。尚、お掃除機能はブラシで埃をかき取っているだけの機能の為、埃を取ることができないどころか、油にしっかりと埃を練り込み、より強固なコーティングを作り上げ、しっかり湿気を内部に閉じ込めます。その結果、アルミフィンにカビが蔓延する事になります。

最新防カビ機能

メーカーもお掃除機能付きエアコンではカビが防げないのをさすがにわかっているようで、最上級の機種ではアルミフィンを凍結させたり逆に加熱しカビやホコリ、油を洗い流す機能がありますが、これも片手落ちで吹き出し口はノーガードです。
又、吹き出し口等、各所にステンレスを仕様してホコリや菌が付きにくくしてる機種もありますが、油等の汚れが一旦付いてしまえば効果は全く無くなってしまいます。

ノーマルエアコンがお勧め

結局、ノーマルエアコンを安く購入して定期的にフィルター掃除はご自身でして頂き、エアコンクリーニングをこまめにご依頼していただく方が体にも財布にも優しいのではないかと思います。ノーマルエアコンであれば5000円程度で行なう業者もいる為、年一回ペースでも割安に思います。
ロートクリーンも割安の部類に入ると思いますが、カビを分解するバイオ洗剤とバイオ消臭剤を使用し、内部をブラッシングし丁寧に作業を行なっております。エアコンクリーニングは是非ロートクリーンをご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク

市販の洗浄剤でのエアコンのお掃除

市販のエアコン洗浄剤でのクリーニング

垂れ染み吹き出し口汚れルーバー汚れ

エアコン下部に垂れ染みがあるので確認したところ過去に排水不良が起こり水が吹き出し口から漏れた様です。又、ご自身で市販の洗浄剤を使用した事もあるという事で本体カバーの裏側が流れたようにカビで汚れており洗浄後、すすぎが無い為、洗浄剤の水分が汚水となり溜まったのがすぐわかるカビの状態でした。
市販の洗浄剤は洗浄自体は有効らしいですがすすぎの工程が無い為、洗浄剤から出た汚水がエアコンの隙間等に流れて溜まってしまいそこでカビが大繁殖してしまいます。

エアコン内側カビ

又、ファン部分もキレイになったように見えても深い溝になっている為、カビや汚れが奧の見えない場所に移動しただけです。キレイになったように見える部分もすすがれていない為、カビそのものや洗剤の成分が残っており、それが栄養となり前よりひどくなってしまいます。フィン部分も大量の水で洗い流さないとドレンパンに汚水が溜まったままになりカビが大繁殖してしまいます。最悪、ドレンホースに汚れが詰まったままになり排水不良となり今回の様に吹き出し口から水が逆流することになってしまいます。
エアコン施工時、ドレンホースを吸引し排水の確認を行ないますが、流れが悪い為、何度も吸引したところ、溶けて再度固まった油の塊がゴロゴロ出てきました。

ドレンホース汚れ

もしご自身で行なう場合は可能であれば本体カバーを外す。無理であれば隙間等をホームセンターで売っている養生テープを隙間に念入りに貼る。洗浄剤はエアコン用のスプレーでなく100%純水のアルカリ電解水であれば念入りに掃除すれば可能かもしれませんが百均等で売られている低価格のアルカリ電解水は不純物が含まれている為、サビが発生したり二次的な問題が発生する可能性があります。又、100%純水でも強アルカリの為、アルミフィン等、素材を侵す可能性もあります。
結局、効果、費用面、時間、安全性考えるとご自身での掃除はお勧めできませんね。

エアコンのお掃除はカビを攻撃するバイオエコ洗剤と消臭剤を用いるロートクリーンを是非ご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク