市販の洗浄剤でのエアコンのお掃除

市販のエアコン洗浄剤でのクリーニング

垂れ染み吹き出し口汚れルーバー汚れ

エアコン下部に垂れ染みがあるので確認したところ過去に排水不良が起こり水が吹き出し口から漏れた様です。又、ご自身で市販の洗浄剤を使用した事もあるという事で本体カバーの裏側が流れたようにカビで汚れており洗浄後、すすぎが無い為、洗浄剤の水分が汚水となり溜まったのがすぐわかるカビの状態でした。
市販の洗浄剤は洗浄自体は有効らしいですがすすぎの工程が無い為、洗浄剤から出た汚水がエアコンの隙間等に流れて溜まってしまいそこでカビが大繁殖してしまいます。

エアコン内側カビ

又、ファン部分もキレイになったように見えても深い溝になっている為、カビや汚れが奧の見えない場所に移動しただけです。キレイになったように見える部分もすすがれていない為、カビそのものや洗剤の成分が残っており、それが栄養となり前よりひどくなってしまいます。フィン部分も大量の水で洗い流さないとドレンパンに汚水が溜まったままになりカビが大繁殖してしまいます。最悪、ドレンホースに汚れが詰まったままになり排水不良となり今回の様に吹き出し口から水が逆流することになってしまいます。
エアコン施工時、ドレンホースを吸引し排水の確認を行ないますが、流れが悪い為、何度も吸引したところ、溶けて再度固まった油の塊がゴロゴロ出てきました。

ドレンホース汚れ

もしご自身で行なう場合は可能であれば本体カバーを外す。無理であれば隙間等をホームセンターで売っている養生テープを隙間に念入りに貼る。洗浄剤はエアコン用のスプレーでなく100%純水のアルカリ電解水であれば念入りに掃除すれば可能かもしれませんが百均等で売られている低価格のアルカリ電解水は不純物が含まれている為、サビが発生したり二次的な問題が発生する可能性があります。又、100%純水でも強アルカリの為、アルミフィン等、素材を侵す可能性もあります。
結局、効果、費用面、時間、安全性考えるとご自身での掃除はお勧めできませんね。

エアコンのお掃除はカビを攻撃するバイオエコ洗剤と消臭剤を用いるロートクリーンを是非ご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク