風呂釜洗浄PROに新工程追加

風呂釜洗浄PROに殺菌工程を追加

風呂釜洗浄PROを施工していると臭い等の指摘がある場合でも、意外と汚れが出てこない時があります。風呂釜洗浄は外側からは確認できない仕上がりとなるので汚れ排出時にお客様に随時、汚れを確認して頂く事になってますが、汚れが少ない時は内心では損したようなご気分で微妙なのではないかと思います。

風呂釜洗浄は殺菌ではなく除菌

もちろん、汚れだけでなく、目には見えないレジオネラ菌、黄色ブドウ球菌等の病原菌は洗浄剤とマイクロバブルによって除菌されていますがどちらかといえば汚れを根こそぎ排出する事によって除菌する施工で菌は二次的なものになってます。
そこで万全を期す為に、ロートクリーンでは殺菌工程を追加致しました。この工程はエアコン洗浄、浴室洗浄、シート・ソファー・マットレスクリーニング等、他のハウスクリーニングにも応用できます。

風呂釜の中の細菌はバイオフィルムというスライムで守られています

配管の中のスライム状のヘドロの中に大腸菌やサルモネラ菌、レジオネラ菌等の細菌が人の皮脂や水アカ、入浴剤を栄養にして増殖しており、殺菌剤や湯を沸かしてもスライムに守られている為、菌は死滅しません。

レジオネラ属菌は20〜45℃で増殖

湯沸かしに至ってはレジオネラ菌は60℃以上でしか殺菌出来ません。おまけに、レジオネラ属菌は20〜45℃で増殖するので人間の入浴温度のストライクゾーンです。まさに共存共栄です。
ちなみに「うちはあまり追い焚きしていないから追い焚き配管は汚れていないから大丈夫」という方もいらっしゃると思いますが、オート機能がある機種だと温度を一定に保つ為、自動で追い焚きを行なっています。

又、設定温度より低いお湯で一気に湯はりをした後、設定温度になるまで自動で追い焚きをするように作られている機種もあります。尚、おいだき配管の中には自動排出機能がある機種でも前日のお湯が必ず残ってしまい雑菌が増える要素を残してしまいます。

黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎の原因菌

レジオネラ菌だけでなく食中毒の原因菌で有名な大腸菌黄色ブドウ球菌もリスクのある細菌です。黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎との関連も報告されているため、アトピーの人がこの菌に接し過ぎることは皮膚炎の悪化ということにもなりかねません。

新工程では

スライム

2種類の薬剤とマイクロバブルでスライムごと菌を排出します。

細菌

但し、菌自体を殺菌したわけでは無いのですすぎ工程を何度も行なうとはいえ、浴槽や配管に張り付いていたりと残存菌がある可能性も否めません

殺菌

最後にすすぎを行なった後、スライムの鎧を壊された菌を殺菌水で直接攻撃します

殺菌水は企業秘密

何で殺菌するかは個人事業主で企業では無いですが企業秘密です。色々考えただけあり良い方法が見つかったのではないかと思いますが、浴室等の水廻りでは取り入れている業者も多いようです。殺菌効果が強いですが殺菌した後は30分程度で完全分解するので無害で年配者や幼児にも安心安全です。

ロートクリーンホームページのリンク

マットレスクリーニング

 全工程に殺菌処理の導入

シート・ソファー・マットレスクリーニングの全工程に殺菌工程を取り入れました。マットレスやソファーは汚れだけでなくダニ、ダニの死骸、ダニの糞、花粉、カビ、皮膚片、ホコリ等々の微細な汚れが睡眠時の体重や寝返り等で奥深くまで入り込んでしまっています。普通に吸引する掃除機や少量の水で洗浄するリンサー、殺菌はできますがゴミは除去できないスチーマーでは見た目は綺麗にできるかもしれませんがミクロの目で見た場合、改善されていないのではないかと思います。又、水で洗浄するリンサーが主役なので他の工程はわき役としてか捉えていないという側面もあります。よく言われますが一日の約3分の1の時間を過ごすベッドの役割は重要です。衛生状態が悪ければ喘息やアトピーの根源となってしまいます。そこで全工程を主役級にするべく作業を見直しました。

ダニアレルゲン

染み抜き機の導入

殺菌とは無関係ですがクオリティーを上げる為、染み抜き機を導入しました。もちろん完全にシミが除去できれば菌の発生を防げる為、間接的には殺菌と同等の効果があります。
シミが付着しているとブラシと洗剤だけでは限界がある時があります。理由の一つとしてシミ自体が取れる可能性があってもマットレスを傷める可能性があると余り負荷は掛けれません。又、手数によって落とす事ができるシミでも手作業のみでは限界があります。そこで染み抜き機を導入しました。もちろん、持ち運びの為、簡易的な物ですが手作業に比べれば雲泥の差となります。

専用掃除機に変更

マットレスクリーニングで一番最初に行なう工程は事前準備を除くとマットレスに掃除機をかける事です。何事もそうですが最初が肝心要となります。
ですが、普通の掃除機を使っている業者が多いのではないかと思います。
自分も最初は持ち運びと他業務との絡みもあり兼用できる小型の掃除機を使用しておりましたが、空室清掃時、掃除機掛けが甘いと拭き取りがかなり面倒になるという経験からマットレスクリーニングにおいても同様と考えました。
ご家庭においても同様で普段の掃除でお分かりになるかと思いますが、掃除機をしっかりかけた後でないとふきそうじがかなり面倒になる時があると思います。それと同様、水で洗浄するからという事で軽く掃除機をかける業者がいますがしっかり掃除機を事前にかけ、マットレス内のダニやハウスダストを事前に最大限除去できるようにしました。
掃除機の機種は個人事業主で企業では無いのですが企業秘密です。察しの良い方はお分かりになるかと思います。
パッと見、ホコリは付いてないように見えるマットレスですがこんなにホコリが出てきます。

マットレス ホコリ ホコリ

殺菌水でのすすぎ導入

一般的にシート・ソファー・マットレスクリーニングは最後のすすぎでは殺菌されない為、事前にどれだけ殺菌しても後に工程が入れば入る程、再汚染の可能性は否めません。
使用する洗剤自体やスチーマーにも殺菌効果はありますが肝心の最後の仕上げのすすぎ工程自体には殺菌工程がありません。但し、コストの都合上仕方ないかもしれませんが、アルカリ電解水をおまじない程度に混ぜている業者は居るようですね。

掃除機同様に何で殺菌するかは個人事業主で企業では無いですが企業秘密です。零細企業は武器を公にはできません。色々考えただけあり良い方法が見つかったのではないかと思いますが、浴室等の水廻りでは取り入れている業者も多いようです。殺菌効果が強いですが殺菌した後は30分程度で完全分解するので寝具にも安心安全です。

使用しているカーペットリンスクリーナー

多くのハウスクリーニング業者がケルヒャーを選択していると思います。当店でもケルヒャーを使用しています。大型施設等のカーペットを施工している業者は大型の物を使用しますが我々、ハウスクリーニング業者は基本的には一般のご家庭での作業となる為、大前提として小型の物を選択しなければなりません。
当店ではこの機械に件の殺菌水を入れすすぎを行ないます。

puzzi8puzzi10  puzzi30

 Puzzi8/1C          Puzzi10/1         Puzzi 30/4

下位機種の方がハイスペック?

カーペットリンスクリーナーにはPuzzi8/1C、Puzzi10/1、Puzzi 30/4と3機種有ります。
Puzzi 30/4はコスト的にも大きさ的にも除外です。Puzzi8/1CとPuzzi10/1は値段も重量も大きく変わらない為、洗浄水や排水容量の大きいPuzzi10/1にする予定でカタログを見比べると何故か下位機種のPuzzi8/1Cの方がバキューム性能等のパワーが若干上であるのに気づきました。ケルヒャーに問い合わせると、理由は分からないが、Puzzi8/1Cの方がスペックは上との回答を得られ、バキューム性能は仕上がりに直結するので迷うことなくPuzzi8/1Cを選びました。但し、カーペット用のフロアーツールが付いていませんが、個人宅ではカーペットを行なう機会は余り無いのとPuzzi10/1と共通のパーツで追加購入できる為、フロアーツールも購入しませんでした。

Puzzi8/1C

puzzi8

Puzzi10/1

puzzi10

マットレスクリーニングは全工程殺菌処理のロートクリーンにお任せ下さい。

ロートクリーンホームページのリンク

秘密兵器導入

エアコン本体価格に対するクリーニングのコストパフォーマンス

エアコンのクリーニングを行なう際、業者によって様々な方法があります。大きく分けるとドレンパンやファンまで完全に分解する方法とドレンパンやファンはそのままにするという2種類です。
完全分解するには高い知識も必要ですが、高い金額も必要となります。業者にも、お客様にもそれぞれ考え方がある為、それぞれが納得する形でいいのではないかと思います。
私個人の考えは以前の様にエアコン自体が高額ではなくなっており、出力、機能次第ですが5万円前後から購入できるエアコンに高額なクリーニング代をかけても仕方がないのではないかと思います。完全分解しようとしまいと程度の差こそあれ、1年使えばカビは必ず発生しています。それを3年程度で高額なクリーニング代を払うのはナンセンスに思います。車に例えれば500万円の車に100万円以上かけて車検を通すようなものです。

詐欺の様な業者

詐欺師

又、使用頻度、環境にも大きく左右されますが、1年に1回は必ずクリーニングした方が良いですよとかいう詐欺の様な業者もいるようですが、5年使っていてもあまり汚れていない時もあり、不安を煽っているとしか思えません。ご家族に幼児、喘息の方やアレルギーをお持ちの方がみえれば別ですが・・・。私の場合、明らかにクリーニング不要なのにそのまましても申し訳ないと思い、ご家族に病気の有無を確認して無ければ「まだ必要無いですよ又、来年呼んでください!!」と言ってしまいますが・・・。損な性格ですよね・・・。

適当の意味

かと言ってお客様から見て「でたらめ」でも困りますよね。敢えて、「適当」、「いい加減」という言葉を使いませんでしたが、まさに文字通りの意味で「適当」でいいのではないかと思います。安かろう悪かろうはもちろん悪ですが、良くてもコストパフォーマンスが悪ければあまり意味が無いように思います。

秘密兵器1、2,3

秘密兵器

既に私が導入した方法を行なっている方もみえるのかもしれませんが、少なくとも私が教わった師匠は行なっていませんでした。名称を書くと他業者にネタバレしてしまうので後発の為、度量の狭い私は伏せさせていただきます。お掃除機能が付いている部品は配線や基板、モーター等がついており、高圧洗浄できません。よってカバー等に比べ汚れが残る傾向にあります。それがずっとひっかかかっていましたが、何とかできないものかと考え対策品を3点導入しました。2点は消耗品なので正直利益を圧迫しますが今後は更に綺麗にできます。3点目は出番がないかもしれませんが今のところ2点目まではかなり有効に使用できています。もちろん、普通のエアコンにも有効です。
秘密兵器1に関しては自分が考えていた以外の使い道も思いつき、掃除道具レギュラー入りです。過去には色々と闇に葬ったものも・・・。

秘密兵器4

秘密兵器4

 

エアコン用洗剤はエアコン自体の寿命を縮める位の強力なものからエコをうたって余り汚れが取れないもの等、これも業者によって様々な考えがあります。又、この中にコストの問題も絡んで来る為、中には残念な業者もいます。エアコンの中の汚れは高圧洗浄機だけでは汚れが取り切れない時があります。

完全分解しない業者は中のファンが完全乾燥するのを確認しません

エアコン洗浄後、エアコンの中は当然濡れています。濡れていれば汚れが残っていても目立ちません。ほとんどの業者は洗浄後、エアコンを送風モード等で稼働させてエアコン自体で内部を乾燥させ、中は見届けず作業終了します。
私もそうでしたが、たまたまエアコンが乾くのが早かったのか、他の作業で時間がかかったのか覚えていませんが、エコ洗剤で無く通常の洗剤で洗い終わって仕上げで拭きあげている時にファンを確認したところ、汚れが白く浮いてきた経験があり、お客様に謝罪して、延長してもう一度洗い直させていただきました。その経験から基本的に二度洗うように変更しました。その経験もありエコ洗剤だけでは汚れが取り切れない時があるのではないかと思います。もちろん、私の知らないすばらしい洗剤があるかもしれませんが、よく使われているエコ洗剤(天然系)は・・・です。
そこで今回導入したものが合成洗剤ですが人体や環境に影響を与えず汚れも取れ、尚且つ臭いの元にも効果があるものに切り替えました。もちろん、お値段は・・・。

秘密兵器5

秘密兵器3

エアコンクリーニング後に消臭剤を噴霧したり消臭剤を貼付たりする業者もいますが、誤魔化しになっている場合もあります。実際、臭いが染み込んで対処のしようがないものもありますが、カビや汚れ等、臭いの元が残っている場合もあります。完全分解しないとその可能性が高くなりますが、少しでも可能性を断つ為、洗剤同様、臭いの元に直接働きかける消臭剤を導入しました。こちらもお値段は・・・。


ロートクリーンホームページのリンク

一宮で洗濯パンと洗闘

間取りは1Kで汚れも洗濯パンとトイレ以外は綺麗な物件でした。

洗面台から洗闘開始

洗面台が間取りの割には大型でした。この大きさでスケールで武装されていると萎えますが、スケールもほぼない綺麗な洗面台で鏡も拭き取りだけで済みました。

洗面台清掃前 洗面台清掃後

洗濯パンとの初洗闘

洗濯パン洗浄前洗濯パン排水溝蛇口洗浄前  

ここまで手強い洗濯パンは初でした。蛇口もメッキ部分が見えません。まるでブロンズセイントです。洗濯パンがサビでここまでなるイメージの洗濯機は子供の頃に行った祖母の家の手で回すこんな洗濯機ですね。

洗濯パン洗浄後蛇口洗浄後

洗闘終了です。蛇口もブロンズセイントからシルバーセイントにレベルアップです。配管から臭気が上ってくるためラッピングしました。

次はトイレで洗闘

トイレはお風呂や洗面台に比べて固着した黄ばみで(にょ〇石と書くのは何故か抵抗ありますね)ここで以前のブログであげたPRO IMPACTデスケーラーの登場です。満を持しての登場でしたが、ビクともしませんでした・・・。黄色い石は苦手なのかもしれませんね。又、トイレットペーパーでパックすれば効果があったのかもしれません。今日はラップとペーパータオルしか無かったのでさすがに回収したくないので・・・。
結局、ガリガリと削り落としました・・・。封水の部分は汚れが固着していなかったのが救いでした・・・。

トイレ手洗い場洗浄前トイレ洗浄前トイレ洗浄後

汚腐呂

今日のお風呂は汚腐呂ではなく綺麗でした。(後から画像を見ると綺麗ではないですね・・・)カビもスケールも殆どなく短時間でクリーニングできました。但し、床のザラザラの目にスケールがこびりついていたので、又々、PRO IMPACTデスケーラーの登場でしたが今回も撃沈・・・。高い買い物となりましたね。

浴室床洗浄前 浴槽洗浄前 浴槽洗浄後

シャワーヘッド

水漏れシャワーヘッド

賃貸物件のシャワーヘッドはヒビが入っている確率が高いです。手を滑らせ落として床に当たってヒビが入るのだと思います。今日のお風呂もそうでした。素材等か取り付け位置をもう少し考えれないものなのでしょうか?

空室清掃終了

エアコン、レンジフード、キッチンもキレイな状態でカビ、油の付着は殆どなくベランダ、窓・サッシ、床ワックス等々行ない無事、洗闘終了しました。

ロートクリーンホームページのリンク

春日井市に空室清掃に行ってきました。

春日井市に空室清掃に行ってきました

   浴室鏡洗面台鏡浴室排水溝洗面台

今回の洗面台と浴室はカビもスケールもひどくなく短時間で終了出来ました。ここ最近のスケールのひどい物件との洗闘でかなり高額なスケール除去剤を試しで購入しましたが、出番はありませんでした。
強酸ですが素手で触れるというキャッチフレーズも魅力的でした。うたい文句通りの性能を発揮できる現場が怖いですが楽しみです。但し、サンポールの約20倍の値段なので性能も20倍くらいないと高い買い物となりますね。

PRO IMPACTデスケーラー

その商品名はPRO IMPACTデスケーラー 500㎖で結構なお値段です。価格もインパクトがあります。         PRO INPACT デスケーラー HPへ

impact-series_descaler-sabi-500ml

あらゆるスケール汚れを世界最速で除去

輸入時の純度そのままの薄めていないスケール除去 インパクトデスケーラーなので、わずか5分ほどで脅威の早さでスケールを除去!

手で触れる生分解性

強い酸性なのに手で触れる生分解性で環境に人に優しい!​ 次世代省エネ スケール除去剤です。驚異の速さで熱交換器のスケール、配管のスケール、カルシウムを溶かす! 長時間手で触っても大丈夫なのに驚異的な早さで溶かせる画期的デスケーラーです。

錆び落とし、尿石、カルキも除去

錆落としや、ホテル・病院のトイレの尿石除去・シンク周辺のカルキ除去頑固な錆も溶かしてしまいます! 函館ドックや大型病院でも使用されています。

ロートクリーンホームページのリンク