実家にてレンジフードのクリーニング

たまには親孝行

実家のレンジフードのクリーニングをたまには親孝行という事で行ないました。
3年位前に旧知の業者に頼んだという事らしいですが・・・。
旧知という事ですが施工代は払った様です。旧知という事が悪い方に働きいい加減な掃除を行なった様ですね。

キッチンペーパーで油ガード

レンジフード内側 レンジフード外観 レンジフードフィルター

高齢の為、そこまで油を使わないと思います。料金自体はおそらくお友達価格だったのではないかと思いますが、その時の施工で横着し、油汚れをしっかり取らず見え無い場所はしっかり行わなかったようで、フードの返しの部分にキッチンペーパーが敷き詰めてありました・・・。フード底面の整流版の内側も凄い事になってます。
親の怪しい記憶では一生懸命擦っているだけで自分の掃除と大差ないと感じ逆に申し訳なくなりそれ以来、掃除を依頼する事はなくなったようです。
外装は酸化油に強そうな塗装でしたが、フィルターはよくある艶消しブラックの塗装で油とホコリでしっかり満遍なくコーティングされていました。案の定、浸け置きが終わると真っ白です。このフィルターは下塗りに強い塗装が施してあるのかアルミ剥き出しにならずに白い塗装が出てきました。無駄に黒く塗る必要無いのでは???
ケーシングの中はみたらしのタレは無く硬化し始めていました。ここからもわかるようにやはり、油はあまり使用してないようです。よって、キッチンペーパーは予防でなく取り切れなかった油を吸わせるために誤魔化しただけのようですね。

前回取り切れなかった汚れもあった為、結構時間がかかりましたが喜んでもらえました。次回はエアコンのクリーニングでもしてこようと思います。
親御さんと離れて暮らしている方は是非ロートクリーンにご依頼ください。高齢であればあるほど掃除も苦労されていると思います。ご自分で出来なくても気持ちはきっと伝わるはずです。

 

ロートクリーンホームページのリンク

改装マンションの美掃のご依頼

ウダウダの予感

今回は他の業者さんが作業を行なっている中での作業となりました。
工程的にはクリーニングは最後の役割なのでこのパターンだとウダウダになるのが目に見えています。浴室美掃 廊下美掃 トイレ美装

自分の常識は他人の非常識

浴室、脱衣場、トイレから先に清掃です。改装なので基本ホコリの除去だけです。浴室を終えてトイレに取り掛かり便器を見てみるとあろうことか使用した形跡があります。過去にも賃貸アパートの退去清掃で畳屋さんが雨あがり後、土足で歩き回り手間を増やしてくれましたのでこの業界に稀にだと思いたいですが非常識な方がみえるのは織り込み済みです。我々クリーニング業者が最後にクリーニングを行なうから構わないという考えでしょうが、逆の立場になれば嫌ではないのでしょうかね? 顔も知らない赤の他人に一番最初に使われて・・・。そもそも、お客様宅に伺う在宅クリーニングにおいても基本、おトイレはお借りしません。師匠曰く、お客様宅のクリーニングに伺ったのに汚してどうするんだと・・・
では、どうするかというとまず極力事前に水分を摂取しないようにします。お客様宅で気を遣われて飲み物を頂く事もありますが、理由を話して丁重にお断りいたします。それでも生理現象なので最悪の場合はこれはこれで迷惑かもしれませんが近隣のコンビニをお借りします。もちろん使用料を兼ねて何かを購入させて頂きます。

再工事

浴室、トイレ、洗面台と終わりサッシに取り掛かり始めたところで、洗濯パンの向きを変えると違う業者さんがみえました。洗濯パンのみを簡単に変えれるのかと思いましたが配管から変更しないといけない様で素人目には結構大変そうです。電動のこぎりで床も切断しています。粉塵がぁ~・・・と思いながら作業をしているとしっかり掃除機もかけて拭き取りまでしていってくれ「汚してすみません」とお声かけまでして頂きました。くどいですがトイレを無断使用した人に聞かせてやりたいですね。

改装場所以外のクリーニング

部分改装という事でキッチンは改装してないのでクリーニング対象に含まれておりません。施主様が予算の都合で改装を見合わせたのだと思います。素人考えですが改装料をサービスする事は流石に無理だと思いますがクリーニング代くらいはサービスできるくらいの利益は出ていると思うのですが・・・。
改装してお部屋は綺麗になりましたがキッチンはそのままなので逆にみすぼらしく見えてしまいます。

再掃除・・・

恐らく施工主様側だと思いますがクリーニングした後の床に拾えば済むゴミをそのまま放置・・・。先に帰られた部下の方は自分の作業で遅れたと謝罪しこちらがやる部分まで気を遣って掃除してくれ、帰りがけに「遅くなってすみません」との言葉までかけて下さいました。本当に自分の常識は・・・ですね。
最初の予想が的中しダラダラとぼやいてしまいましたが感謝されるとまでは行かなくてもせめて自分自身お客様や周りにご迷惑をかけないように気を付けて行きたいものです。

ロートクリーンホームページのリンク

20年間無施工のレンジフードのご依頼

一宮市でレンジフードのご依頼

レンジフード外観 レンジフードフィルター レンジフード内部 ケーシング内部

謎の仕様

お値打ち品なのかは不明ですがこのタイプの艶消しブラックの塗装は酸化した油に一番弱いのではないかと思います。外側は酸化油に強い塗装でも内側は同じ艶消しブラックで塗装が弱いものもあります。塗装方法が特殊でコスト高になるのか塗装自体の値段が違うのかは分りません。外がみすぼらしくなるのも問題ですが、一番油が付くであろう内側に酸化油に弱い塗装を使うの仕様も謎です。
メーカーも塗装が劣化するのをもちろん知っておりアルカリ洗剤の利用を控える様にと注意書きがあります。本末転倒ですね、強い油汚れにアルカリ洗剤が使えないとは? 買い替え需要を狙っているのでしょうかね。

べっこう飴の様な硬化油

今回のご依頼者は20年使用して初めてのご依頼です。外装にもかなり油が回っておりペンキの劣化が激しそうです。シロッコファンを取り出すとフィンの部分にもかなり油が詰まっています。ケーシングの中はみたらしのタレをはるかに通り越しガチガチです。プラスティックヘラでは歯が立ちません。金属ヘラを作業車の中に置いてきていたので戻る時間が惜しくスチーマーで固化した油を緩めながらヘラで油を剥がした後、洗剤でケーシングの中の汚れを除去しました。
フードの内側は洗剤を噴霧しスチーマーとスポンジで汚れを落としていきます。両側についているフィルター位置の調整用の板はすでに塗装が剥がれ始めています。塗装が残っている部分も塗装が浮いている為、洗剤を付けると全て塗装が剥がれるのは必至です。現にフィルターはお客自身の掃除で塗装は全て剥がれています。
レンジフード外側上の換気穴付近もかなり油がこびりついているので外側も塗装が剥がれる可能性があるとは思ってましたが、予想以上に剥がれてしまいました。

スプレーで部分塗装

事前にお客様には了承して頂いていましたが流石にみすぼらしくなりすぎてしまいクリーニングした感が全くありません。お客様もご了承しているとはいえ見た目はクリーニング前よりみすぼらしくなってしまっているので内心は不安、不満足だと思います。私自身もさすがに達成感が無いので自己満足も兼ねてサービスでクリーニング終了後、壁をマスキングして常備しているスプレーで塗装しました。お客様にもとても喜んで頂いたので気持ちよく洗闘終了です。
黒い艶消し塗装のレンジフードは美観を保つためにも年一回のクリーニングを是非お勧めします。

ロートクリーンホームページのリンク

閲覧注意

2018年最後のご依頼でまさかの汚吐入

先日の汚腐呂を大きく引き離すトイレのご依頼でした。
今日で仕事納めの為、神棚にしっかりお参りして、チラつく雪にビビりながらも仕事場に向かいました。

トイレの神様?

扉を開けるなり絶望に打ちひしがれました。無神論者に転向したい気分です・・・。

画像は閲覧禁止レベルなのでわざと小さい画像にしてあります。勇気のある方は画像をクリックして下さい。

トイレ掃除前

 

トイレ掃除後 トイレ掃除後

 

今回は流石に修行で済ます状況では無く話が折り合わなければお断りするつもりで追加料金を頂きました。

気を取り直して洗闘開始です。
タイル床なのであわよくば排水溝があれば水を流して力業で行けるかと思いましたが、穴は無くぬか喜びに終わりました。地道に拭き取るしかありません。
最初から水を使うと悲惨な事になりそうなので水で洗い流したい衝動を抑えて何度もトイレットペーパーで根気よく拭き取りました。ある程度目途が付いたところで少量の洗剤をブラシで汚れをかき出しながらトイレットペーパーで拭き取りました。

鍾乳石改め鍾尿石

1cmは言い過ぎですが5mm程度はある分厚い尿石に薬剤だけでは歯が立ちませんケレンでもパワー不足です。皮スキで何とか歯が立ちます。何度も薬剤と力業の繰り返しです。今回は事前に「傷が恐らくつきますが・・・」と確認してあります。人間の体から出たものがこんなにも硬くなるのはある意味驚きです。硬度も最大級のトイレでした。
封水の部分は水を抜いて薬剤で何度もふやかしましたが時間の兼ね合い、傷が付きやすいのとかなり分厚くなっていたのもあり途中で断念しました。

前回のお風呂と今回のトイレで追加料金を頂く限界レベルの大まかな指標ができました。今までの空室清掃で見た凄まじいトイレも可愛く見えました。
ある意味、今回のトイレは”ウン”が良かったのかもしれませんね。

年末のご挨拶

新年の初仕事?は熱田神宮でのボランティアから始まります。しっかりご奉仕して今年以上に良い年にしていけたらと思います。
本年はロートクリーンをご愛顧頂き誠にありがとうございました。来年も変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。
来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、簡単ではございますが、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。 

お掃除機能付きエアコンのクリーニング

お掃除機能付きエアコンの過大評価

エアコンホコリ  フィルターホコリ フィルターほこり エアコンホコリ フィルターホコリ  エアコンホコリ

フィルターホコリフィルターホコリお掃除機能付きエアコンをクリーニングしているとノーマルエアコンと比較して結構な確率で凄い事になっているのに遭遇します。

今回のケースも元々、ノーマルエアコンでのご依頼でした。吹き出し口を見るとカビもホコリも殆どついておらず、クリーニングの必要が無いことを伝え、他のエアコンも確認しますかとお伺いしたところお掃除機能付きだから大丈夫と即答でした。経験上、こちらのエアコンの方が汚れているだろうと思い確認させていただくと案の定、即クリーニングした方が良い状態でした。お客様に判断を仰いでお掃除機能付きエアコンの方を掃除することになりました。

お掃除機能付きは手入れしないで大丈夫

大抵のお客様は家電量販店で購入されると思いますが、購入時の説明がしっかりされていないか、機能を誇張しているのではないかと思います。フィルター掃除の手間が少なくなるだけなのに、

フィルターの掃除を全くしなくて良い

お掃除機能付きだから吹き出し口やアルミフィンにもカビが生えない

等々、拡大解釈している方が多々いらっしゃいます。その結果、カセット式のタイプだと埃が満タンになって溢れ、収まらないホコリが行ったり来たりするだけになり通気性が悪くなります。通気性が悪くなると湿気がこもりアルミフィンや吹き出し口にカビが発生しやすくなります。
又、単純にお掃除機能の部品が多い為、構造的にノーマルエアコンに比べて開口部が少ないです。よって、フィルターが詰まるとノーマルエアコンよりカビが付きやすくなってしまいます。

LDKに設置されるお掃除機能付きエアコン

又、お掃除機能付きをメインエアコンとして寝室等の部屋はノーマルエアコンにする傾向にありますが、家の間取りがLDKになっているお宅が多く、よってお掃除機能付きエアコンはLDKに設置されます。そうなれば、キッチンの油が部屋に回り、エアコンのフィルターに油が付くと埃やフィルターそのものが油でコーティングされてしまいます。尚、お掃除機能はブラシで埃をかき取っているだけの機能の為、埃を取ることができないどころか、油にしっかりと埃を練り込み、より強固なコーティングを作り上げ、しっかり湿気を内部に閉じ込めます。その結果、アルミフィンにカビが蔓延する事になります。

最新防カビ機能

メーカーもお掃除機能付きエアコンではカビが防げないのをさすがにわかっているようで、最上級の機種ではアルミフィンを凍結させたり逆に加熱しカビやホコリ、油を洗い流す機能がありますが、これも片手落ちで吹き出し口はノーガードです。
又、吹き出し口等、各所にステンレスを仕様してホコリや菌が付きにくくしてる機種もありますが、油等の汚れが一旦付いてしまえば効果は全く無くなってしまいます。

ノーマルエアコンがお勧め

結局、ノーマルエアコンを安く購入して定期的にフィルター掃除はご自身でして頂き、エアコンクリーニングをこまめにご依頼していただく方が体にも財布にも優しいのではないかと思います。ノーマルエアコンであれば5000円程度で行なう業者もいる為、年一回ペースでも割安に思います。
ロートクリーンも割安の部類に入ると思いますが、カビを分解するバイオ洗剤とバイオ消臭剤を使用し、内部をブラッシングし丁寧に作業を行なっております。エアコンクリーニングは是非ロートクリーンをご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク

市販の洗浄剤でのエアコンのお掃除

市販のエアコン洗浄剤でのクリーニング

垂れ染み吹き出し口汚れルーバー汚れ

エアコン下部に垂れ染みがあるので確認したところ過去に排水不良が起こり水が吹き出し口から漏れた様です。又、ご自身で市販の洗浄剤を使用した事もあるという事で本体カバーの裏側が流れたようにカビで汚れており洗浄後、すすぎが無い為、洗浄剤の水分が汚水となり溜まったのがすぐわかるカビの状態でした。
市販の洗浄剤は洗浄自体は有効らしいですがすすぎの工程が無い為、洗浄剤から出た汚水がエアコンの隙間等に流れて溜まってしまいそこでカビが大繁殖してしまいます。

エアコン内側カビ

又、ファン部分もキレイになったように見えても深い溝になっている為、カビや汚れが奧の見えない場所に移動しただけです。キレイになったように見える部分もすすがれていない為、カビそのものや洗剤の成分が残っており、それが栄養となり前よりひどくなってしまいます。フィン部分も大量の水で洗い流さないとドレンパンに汚水が溜まったままになりカビが大繁殖してしまいます。最悪、ドレンホースに汚れが詰まったままになり排水不良となり今回の様に吹き出し口から水が逆流することになってしまいます。
エアコン施工時、ドレンホースを吸引し排水の確認を行ないますが、流れが悪い為、何度も吸引したところ、溶けて再度固まった油の塊がゴロゴロ出てきました。

ドレンホース汚れ

もしご自身で行なう場合は可能であれば本体カバーを外す。無理であれば隙間等をホームセンターで売っている養生テープを隙間に念入りに貼る。洗浄剤はエアコン用のスプレーでなく100%純水のアルカリ電解水であれば念入りに掃除すれば可能かもしれませんが百均等で売られている低価格のアルカリ電解水は不純物が含まれている為、サビが発生したり二次的な問題が発生する可能性があります。又、100%純水でも強アルカリの為、アルミフィン等、素材を侵す可能性もあります。
結局、効果、費用面、時間、安全性考えるとご自身での掃除はお勧めできませんね。

エアコンのお掃除はカビを攻撃するバイオエコ洗剤と消臭剤を用いるロートクリーンを是非ご利用下さい。

ロートクリーンホームページのリンク

汚腐呂第三弾

汚腐呂第三弾

知り合い経由の依頼で、オーナーさんは空室清掃も基本、ご自分で行なっているようですが、今回はあまりの状況にお風呂とキッチンをご依頼してくださいました。

打ち合わせに伺うとクロス、床の張替えもご自分で行なっているようで本業で経験があるのかと思いましたが、関係ないお仕事に就かれているようです。手の器用な人はうらやましいですね・・・。
お風呂とキッチンを確認。余りの状況に焦って施工し始めた為、又も画像を撮り忘れました・・・。途中での画像ではあまり・・・。

浴室換気扇 浴槽 台所換気扇 流し台 コンロ

お風呂は水垢で浴槽、床、洗面台も真っ白です。天井、壁の上部はヤニ汚れがびっしりと付いていました。
カビ汚れが殆どないのが救いです。
浴槽、床はポリッシャーで削り落としましたが、それ以前にヘラで幾層にも重なった汚れを削ぎ落とさなくてはなりませんでした。お風呂場でヘラを使用したのは初めてです。
汚れの層が分厚いだけでヘラとポリッシャーで時間をかければ汚れ自体は意外と簡単に落とすことが出来ました。ヤニ汚れも壁に染み込んでいると何ともなりませんが、洗剤を噴霧するだけで擦ることなくすんなり落ちてくれました。
鬼門のエプロンは無く命拾いです。これでエプロンが付いている浴槽であれば確実に海苔の養殖場になっているはずです。
又、鏡も小型で意外と汚れは少なく救われました。

1Kなのでキッチンは小型でレンジフードでなく換気扇だったので汚れ自体はハードでしたが面積が少なかったのでこちらも意外とすんなり終わりました。
余力があったのでサービスで窓や玄関周りの清掃も行ないました。
但し、この汚れで丸ごとの空室清掃だと1Kといえどもかなりハードな状況になっていたのではないかと思います。
最後、オーナー様に立ち会っていただきましたが、非常に満足されていました。
画像は例のごとく、満足して撮り忘れてしまいました・・・。
こういった物件を見ると通常使用の範囲をはるかに超えており、賃貸業者が清掃代を取りたいのも分かりますが、北海道の件の様に原状回復という目的を忘れて利益に走る例が多々見受けられるため、入退去時に不信感を持たれてしまいます。

退去時には管理会社に吹っ掛けられない為にも是非ロートクリーンをご利用下さい!!

ロートクリーンホームページのリンク

汚腐呂で海苔の養殖

海苔の養殖

浴室鏡 浴室蛇口 エプロン内 エプロン内ゴミ 風呂蛇口

ここ最近はお客様のお宅に伺う仕事がメインで久しぶりの空室清掃でした。
外観は綺麗で不謹慎ですが今日は楽できるかと思いきや、お風呂の鏡は水垢で真っ白です。床もスケールだらけで人力では無理と判断しポリッシャーにて対応しました。嫌な予感がしてお風呂のエプロンを外すと地獄絵図でした。過去最強のエプロン内です。
以前、横着して無駄に時間がかかった経験から即、車に戻り高圧洗浄機を取りに戻りました。
洗剤をたっぷり噴霧してしばらくしてから洗浄です。
かなりふやかしながら時間をかけて何度も高圧洗浄機で洗い流しましたがいつまで経っても汚れが出てきます。不思議に思いバケツの水で下を流すと大きな海苔が出てきました・・・。高圧洗浄機はエアコン用の為、水圧はありますが水量が少ないです。よって、この大きな海苔を流しきれず細々と削り取っていただけの様です・・・。こういう場合にはケルヒャー等の水量の多い高圧洗浄機が有効ですが、ケース毎に道具をそろえていたらお金もスペースもキリがありません。どこかで線引きをする必要があります。今回のようなケースが何度もあれば購入を考えなければいけませんね。

エプロン内の汚れの不思議

それにしてもここまでなる仕組みが未だにわかりません。お風呂の排水はパイプで排水溝まで繋がっています。本来、汚れが浴槽下に溜まることはないはずです。排水口が詰まるのを放置していれば逆流することもありますが、そうなれば床も浸水して快適にお風呂をご利用できないはずです? もしかすると、浴槽の排水パイプが外れているのかもしれませんね。

油の酸化によって塗装が溶解

レンジフード

汚腐呂を行ないながらレンジフードも行ないましたが、ここもすごい状況です・・・。違った意味でフィルターが守られています・・・。
この手の黒いペンキのレンジフードは塗装が弱く、ここまでひどくなっていると酸化した油と熱で塗装が溶解しています。IHコンロであればコンロの火で炙られる事が無い為、まだましですがガスコンロだとかなり悲惨な事になる時があり通常より洗剤を少なめにして時間をかけて汚れを落としました。

スチームクリーナーがお勧め

使用する頻度にもよりますが定期的に拭き取りをしないと油汚れだけでなく塗装の劣化によっても美観を損ねる事になってしまいます。尚、表面等は簡単に拭き取れますが、部品のつなぎ目等、油汚れが溜まりやすい場所があり、拭き取りだけでは除去しにくいです。スチーマーがあると隙間の汚れも落としてくれるので有効だと思います。
美観を保ちたいのであれば油物を料理する頻度にもよりますが、年一回は依頼して頂いた方が良いかと思います。
又、フィルター掃除の負担を減らす為にシートで覆っている場合も多々ありますが、これもこまめに変えないとフィルターを酸化した油でコーティングしている事になってしまい塗装の劣化を速めてしまいます。今は百均ショップで購入できるので定期的に交換することをお勧めします。

 

ロートクリーンホームページのリンク

汚腐呂との死闘

強敵との洗闘

浴室扉浴室扉パッキン換気扇ホコリ
※右端の浴槽の汚れは換気扇から落下したホコリです

浴室蛇口浴槽汚れ 浴室壁浴室床

汚れが取れずに諦めてしまい、何ともならなくなってしまったようです。
過去、最大級の強敵です・・・。まるでラオ〇かビ〇ス様です・・・
何事も経験として日々、清掃させて頂いておりますが、今回ばかりはさすがに萎えそうでした・・・。

追加料金の是非

全ての汚れが絡み合っています。事前に調査したり、施工前に追加料金を頂く業者もいますが基本的に汚れているから我々に依頼するのであり、それで追加料金を頂くのは本末転倒ではないかと考えていましたが、今回ばかりは考える必要があるかと思ってしまいました。追加料金を一切頂きませんという業者もいますが、もしかすると、たまたま、ハードな現場に直面してなかったのかもしれませんね。逆に追加料金が発生する場合もありますとしている業者はおそらくハードな現場に直面したことがあるのでしょね。

無限ループ・・・

換気扇の埃は埃を通り越し綿埃も通り越してスポンジ状になっています・・・。
唯一の救いは鏡が無かった事です。この状況で鏡があれば状態は容易に想像できますね。もう一つ救いがありました。エプロンもありませんでした。もしエプロンが付いていたらと思うと恐怖です・・・。
何度も何度もカビ取りを行ないながら、水垢もこびりついている為、酸性洗剤で強めにこすりながらこちらも何度も何度も繰り返しました。自分が思ってた以上になんとか汚れやカビが取れてきました。

午後からの依頼でしたが洗闘終了時はあたり一面真っ暗です・・・。

強敵と書いて友と呼ぶ

今回も施工後の画像を撮り忘れてしまいました。今回こそ画像は達成感を味わうために個人的にも必要でした・・・。
かなりの強敵でしたが終わってみれば良い経験になりました。今後の限界点の指標になります。
施工完了後、お礼の言葉と差し入れを頂き労って頂きました。この一言をかけて頂くだけで全ての疲れが吹き飛びます。追加料金の検討もスキルアップと考えしばらく保留ですね・・・。

お困りの際はなるべくお早めにロートクリーンを是非ご利用下さい!!

 

ロートクリーンホームページのリンク

水垢との洗闘

水垢をスケールというのが分かります

まるで、古い温泉の様な状態のお風呂でした。水垢をscale(堆積物)というのがよくわかります。日本語の「水」と「垢」という表現からは両方とも柔らかい物で手強さを全く感じさせませんよね。
ステンレスの浴槽で外側は青く塗装してあります。かなり古いお風呂の様ですが錆も浮いていなく外側のスケール以外はかなり綺麗で内側には全くスケールも汚れもついておらず、その当時は高価だったのかもしれませんね。
浴槽清掃前 浴室扉清掃前 浴槽清掃後 浴室扉清掃後

かなり力を入れないと取れませんが力を入れすぎると塗装を剥がしてしまいます。ポリッシャーでは力加減が難しいので人力です。
何度も洗剤を塗布して擦っては流しを繰り返し何とか青い部分が多くなりました。新品の時はかなり綺麗な青色だったのが分かります。
浴室の扉もスケールで完全武装です。すりガラス状のアクリル板で凹部分に水垢が固着しておりこちらも一筋縄ではいきませんが、すりガラス状になっているので一部分に力を加え過ぎなければ傷も目立ちません。かなり手こずるかと思いましたが、一回の洗浄でほぼ落とすことが出来ました。何度やっても駄目な時もあり、未だに違いが分かりませんが、水質や期間等の条件によって色々と変わってくるのでしょう。
今まで浴室を依頼されたお客様は、放置していたわけでなく、色々と試されて駄目だという事でのご依頼がほとんどです。試された方法が良くてクエン酸までです。殆どがアルカリ性の洗剤での掃除の為、徒労に終わってます。又、限度を超えるとスケールが強固になる為、力も必要となり女性の力では手に負えなくなってしまいます。
お風呂の洗剤は私が知っている限りは殆どが湯垢に的を絞っていて水垢は鏡等でダイヤモンドパッド等の削らなくてはいけなくなった状態を対象とした商品しか無いように思います。

『水垢』と『湯垢』は同じ垢でも性質が別物

「水垢」と「湯垢」は「水」と「湯」になっただけで同系列に思いますが性質は全く別物というか正反対です。
「水垢」とは水道水に含まれる炭酸カルシウムが原因。浴室の鏡のうろこ状のものが代表的ですね。
こちらはアルカリ性の性質を持っています。よって洗剤はクエン酸等の酸性の物。

一方「湯垢」は一般的には水道水の中のマグネシウムと石鹸の成分や皮脂汚れ等が化合したものですが、状況によって状態も変わる為、分かりにくいかもしれません。というのも、浴槽の水面につくものでも、ザラザラしていたり、ヌルヌルしていたりします。床面は黒くベトツクものもありますが基本的に性質は酸性の性質を持っています。よって重曹やセスキ等のアルカリ性の物を選ばなくてはなりません。

同じお風呂汚れで名称も似ていますが、実は真逆の性質なので洗剤も酸とアルカリを使い分けなければいけませんが、大抵、一種類の洗剤で対処しており、同性質の汚れを助長した形になってしまっています。

もしかしたら、これまで水垢と思って必死に落としてた汚れは、湯垢だった可能性もあります。逆もしかりです。基本的に白い汚れは酸性の洗剤、それ以外はアルカリ性の洗剤と考えれば大丈夫ですがあまりにも放置していると絡み合っている場合もあるので、あまり難しく考えず、汚れが取れなければ逆の性質の洗剤を使えば良いと思います。但し、絶対混ざらないように気を付けてくださいね。

ロートクリーンホームページのリンク