ロゴ市さんで屋号ロゴ正式決定しました。

屋号ロゴ正式決定

屋号ロゴ正式決定しました。以前のブログにも上げましたが、正式決定したので自己満足&備忘録的にアップします。

個人事業主という事で、本来は屋号すら必要無いのですが、自分の原点、想いを忘れないように屋号、ロゴを作成しました。屋号すら必要無いので当然、ロゴも必要ないのですが、ハウスクリーニング業は私のように小資本で個人で始めれる業種なのでご存知の様に乱立しております。大手さんも大々的にCM等行なっており認知度は圧倒的に劣ります。そこで少しでも印象に残る様にとロゴ作成を決めました。

図案は下のもので色は赤と青をベース、掃除機とバケツはハウスクリーニングのイメージを入れたかったので原案に入れてみましたが、謎々みたいになってしまっておりプロであればブラッシュアップしてしてくれるかとかすかな期待もありましたが難しいのも理解していたのでロートクリーンの命名由来の「叶」の文字だけは必ず入れて下さいとお願いしました。

ロートクリーンロゴ原案最初はこんなクイズに出てくる様な原案でした。これを基本にとお願いしたので、ロゴ市さんのデザイナーさんも???だったかもしれませんが、一生懸命、原案を尊重して本来2案提示の所、11案も提示して頂きました。

 

 

 

 

 

ロートクリーンロゴ仮案原案に忠実にかなり無理してくれたのが分かります。11案の中で圧倒的な完成度だったので、ほぼ迷わずたたき台に決定しました。ここで正式依頼となります。

 

 

ロートクリーンロゴ一回目調整案第1回調整

クリーニングのイメージを入れるのを捨てきれず、ハウスクリーニングらしさの盛込み、「叶」の「十」の部分の上側を延長、「叶」の文字を際立たせるために「ロートクリーン」は青色を指定しました。

アレンジの無い物、モップ、星でピカピカ感を出した3案を提示。

 

ロートクリーンロゴ2回目調整案 第2回調整

星のついた案に決定し、真ん中のアルファベットの屋号をURLそのものに変更しました。ただ、青色の星が氷に見えなくもないので、星の色や場所を6案もアレンジして頂きました。

 

 

ロートクリーンロゴ3回目調整案第3回調整

ロゴをカラーで印刷するときは良いのですが、単色や白黒で印刷する時を想定して、結局、ピカピカ感は第1回調整の青に決定。下のカタカナの部分も白黒印刷だとインク切れに見えるので枠で囲いました。

星は一回り大きくしてもらいました。真ん中のURLのドットも縮小すると見えなくなるので一回り大きくしました。

 

ロートクリーンロゴ4回目調整案第4回調整

第3回調整の上案に決定しました。元々、完成度が高かったので、正直、段々訳が分からなくなってきていたものの5回調整分使い切りたいというあさましい根性が邪魔してカタカナの部分をアレンジして頂きましたが担当者さんにも相談して第5回を行なわずに第3回調整案で決定しました。

ロゴ市さんに感謝

既に過去のブログの終わりに張り付けているホームページへのリンクで使用しているものと同じです。Ro-toの中に「ロート」と「叶」が融合しています。「叶」を入れるのが本来の目的でしたが「o-t」がデザインによっては「ロート」にも見えるという副産物が付いてきました。自分の落書きをブラッシュアップしてくれたロゴ市さんに感謝です。ロゴ市さん以外に知っているのは競合した企業の1社だけですが、非常に丁寧に対応して頂きセンスもお勧めです。先行して過去案のデザインで名刺を自分で仮作成しましたが、名刺が断然目立ちます。

ロートクリーン正式ロゴ

ロートクリーン正式ロゴ

ロートクリーンホームページのリンク

ロートクリーンのロゴを作成しました

屋号ロゴ作成

屋号とほぼ同時に思いつき温めてはいたのですが、落書き程度で止まっていました。プロに依頼しようと思ってはいましたが、全てプロ任せだと良いデザインになるかもしれませんが、親しみが無くなる為、自分のイメージを作り、それを元に依頼するつもりでした。

ドメイン名もほぼ同時進行で考えており、ロートクリーンのアルファベット表記を考えた時、ロートの「ー」をどうやって表現するかと考えた時、「rohto」だと某大手製薬会社になってしまいます。「rohto-clean」にする手もありましたが、パクリ感が否めません。そこで「ー」をそのままハイフンで表現する事にしました。

ドメイン決定

「ro-to-clean」に決定しました。そこで又してもじーっと見て考えていると

「ro-to」o-tがロートとそっくりではありませんか!!そうなると屋号に入れるのを敢えて避けた「叶」の文字が入れれないかと思い。当てはめてみました。

「ro」何か子供の暗号みたいでかなり厳しいです。尚、屋号なので最初の文字は大文字が良いかと思い「Ro」からデザインできないかと考えました。ここで止めて依頼すれば良かったのですがハウスクリーニングという清掃のイメージが盛り込めないかと思い「o」を取っ手の上がったバケツで表現しました。そうなると「R」も何かで表現したくなります。かなり強引ですが「R」を掃除機で表現し、それをたたき台にし二社に依頼しました。

二社競合

二社ともデザイン案を練って頂いて気に入ったら購入するというスタイルで成約時の料金は2倍の違いがありました。この二社に依頼するのは後で知ったのですがルール違反だそうですが、ユーザー側からしたら至極、自然の事だと思い、今でも釈然としません。断った方の企業の方はかなり気分を害されたようです。本来であれば違約金が発生するということでしたが説明不足という事で事無しとなりました。こちらも断った理由を気に入らなかった等伝えれば良かったかもしれませんが、相手もプロなので競合に負けたって言った方が奮起するかと思いましたが地雷を踏んでしまったようです。結局、契約した企業は料金が倍の方でしたが満足の出来でした。

今、見るとかなり恥ずかしい物をプロに依頼してしまいましたが、バケツはともかく掃除機は厳しいだろうという頭はあったので、無理であれば「叶」だけは何とか残して下さいと依頼しました。

たたき台ロゴ作成

ロートクリーンロゴ原案

これを土台に業者から上がってきたのが

ロゴ原案決定

ロートクリーンロゴたたき台

でした。2案提示の所、特別サービスで11案提示して頂きました。自分のをベースにブラッシュアップした図案もあったのですが自分の原案の「Ro」を上手にブラッシュアップしていたこのロゴに決定しました。ここから更にこれをベースにしてロゴ決定となります。現在、調整4回目ですが現在のものがロートクリーン正式ロゴ

です。「叶」の文字を際立たせるために「叶」だけを赤色にしました。星に見えるのは何とか掃除のイメージが盛り込みたく相談したところピカピカ感で表現してくれました。真ん中の行のRo-to Cleanは英語でもなく中途半端なのでウェブのアドレスに変更して頂きました。

とっくに完成しても良い出来なのですが調整5回を使い切らないともったいない気がして、無駄に図案変更依頼して元に戻した時もありましたがもう少しで完成です。すごく楽しみです。

依頼した業者さんはロゴ市さんです。
図案も規定より多く提示して頂いたり臨機応変に対応してくれお勧めです。

ロートクリーンホームページのリンク