エアコンクリーニングを使い初めの初夏に行なうのは無意味です!!

話が長くなるので結論から申しますと・・・、

エアコンクリーニングを使い初め
初夏に行なうのは無意味です!!

無意味というのは少々乱暴ですが、ハウスダストの原因となるダニに焦点を絞るとという事です。以下に順を追って説明していきます。

カビとダニの関係

エアコン内部にカビが生えていることはご存知だと思います。又、エアコンが吸気する時にホコリ、花粉、ダニの死骸・糞等のハウスダストを吸着しているのもご存知だと思いますが、エアコン内部で生きたダニが増殖するのはあまりご存じないのではないでしょうか?
人を刺したり、感染症を媒介したりと、何かと害のあるダニ。ダニやダニの死骸、ふんなどは、アレルギー、ぜんそく、皮膚炎、結膜炎などの原因となり、要注意な存在です。一般的に、カビの多いところにはダニが多くいます。カビにとって繁殖しやすいところでは、生育環境が似ているのでダニも繁殖しやすくなるといえます。よって、エアコン内部にもダニは発生します。

アレルゲンを出すエアコン実は、カビはダニの大好物なんです!!
→ 実は、黒カビをダニは食べないんです!!

 

 

アレルゲンでくしゃみする猫上のタイトル通りなんですが、カビとダニの関係を色々と調べていくとカビをダニが食べることにより、カビだけでなくダニも増殖すると色々なところで記載されています。

ですが、よく調べていくと・・・

エアコン内部に発生する黒カビ(風呂場のパッキンにつくカビと同じ)カビを食べるとされるコナダニは食べません。よって、エアコン内部の黒カビが原因でコナダニが増殖するという事はないようです。
ですが、実際にエアコン内部でダニが大増殖する事例もあるようです。

では、何故なのか・・・?

皮脂類、ホコリを食べるヒョウダニというダニがエアコン内に集められた栄養たっぷりのハウスダストをエサにしているという事ではないかと考えられます。更に、ヒョウダニは普通に皮脂を食べますが、黒カビが脂肪分を分解した皮脂を好む傾向にあるようです。我々がカビを利用して食物をおいしくするのと同様、油が分解されておいしいのかもしれませんね?
又、更にヒョウダニをエサにするツメダニというダニも存在するのでエアコン内部でツメダニも一緒に増殖してエアコン内部だけで食物連鎖が起きていると考えられます。

エアコン内部での食物連鎖

湿度  40%~80%以上
胞子は死滅しない
60%以上
誤差はあるがほぼ同じ
黒カビ ヒョウダニ コナダニ ツメダニ
エサ 皮脂・ホコリ・有機物
(無くても良い水分が重要)
皮脂・ホコリ
汗1gで、約300匹の
ダニが生息できる

黒カビが皮脂の脂肪分を分解したものを好む
乾物、調味料、
パン粉、味噌、
菓子類など多種
ヒョウダニ、
コナダニ
温度 25℃~28℃
胞子は死滅しない
20℃~30℃
誤差はあるがほぼ同じ

冬にカビ・ダニは死なないのか?

本来、ダニにとって冬は、気温が低く乾燥しているため、生きにくい季節で夏に発生する害虫と思われがちですが、最近では住宅の気密性や断熱性が向上している上に、加湿器の普及なども普及しています。尚、エアコンの取付位置を考えてください。普通、エアコンは部屋の上部についています。つまり熱は上昇する為、エアコン内部は使用しない冬場でも暖かいという事になり、一年中発生する環境が整っています。
但し
、冬が生育しにくい環境であるのは間違いないですが、死んでしまうわけではありません。寿命の約3か月間は動かずにジッとして生きていますし、死んだとしても、ハウスダストの原因の糞や死骸が残ります。

 ダニの死骸とフン又、卵に関しては寒さや乾燥に強い為、冬を越すことができます。
カビに関しても同様でカビ自体が死滅しても胞子は残るので、冬を越したたくさんのカビの胞子とダニの卵は、春から夏にかけて一気に発芽・孵化していきます。

結論アイコン

カビやダニが夏に大繁殖するのを抑えるには、冬の間に適切な対策をとるのが必要です。エアコンを久しぶりに使ったら臭った等で初夏の使い初めに依頼するお客様が多いです。当然ですよね、夏に酷使したエアコンの掃除をせずに一年間放置した為に、エアコンの中は汚れが現状維持どころか確実にカビ、ダニが増殖しています。
よって、使い終わる秋から冬にかけてエアコンクリーニングをするのが必要となるのです。キッチン等、なんでもそうだと思いますが、使い終わりに掃除をするのが、汚れを固着させないという最善の方法ですね。
ロートクリーンホームページのリンク