屋根の上のヘニョ⤵

ノーマルエアコン3台のクリーニング

一宮で三菱電機、三菱重工、パナソニックのノーマルエアコン3台のクリーニングを行なってきました。どれも大事に使っておられ一台は10年越えです。

三菱エアコン画像三菱エアコン画像パナソニックエアコン画像

屋根上の室外機画像エアコンクリーニングの廃液画像

ノーマルエアコンなのでどちらかと言えば作業の遅い、よく言えば丁寧な私でも作業ペースは早いです。先に安さに釣られて購入したお蔵入りのエアコン洗浄カバーを使って2番目に行なうエアコンに洗剤だけかけておきます。手の遅い分、段取りでカバーです。経年劣化によってカバーが2台はかなり緩くなっています。ヒビの入っている箇所もあり冷や冷やモノでした。

屋根の上の室外機にヘニョ⤵

1番目のエアコンの洗浄を始め、室外機のドレンホースの確認をしようと思いチラ見すると瓦屋根に室外機が・・・。念の為、お客様に確認するとやはり屋根のものでした・・・。違っている事を祈りましたが駄目でした。諦めて屋根に出るとホースが3台ともついていません??? 熱交換のパイプに巻かれてしまっているのかと思い見てみてもありません。どうやらダイレクトで排水している様です。本体に短い塩ビでも付けてあるのでしょうか? 排水自体は見えますが何から出ているかは隠れて確認できませんでした。3台とも10年級のエアコンですが家主も分からなさそうなので今まで詰まりによる漏水は無いのでしょう。吸引をあきらめて洗浄を続けました。一番古いエアコンから濃厚な廃液が出てきます。経年劣化で黄変した黄ばみが取れないので今一つさっぱりしませんが無事洗闘終了です。
3台のうち2台は古いと言っても10年以内なのでもう少しメンテナンスの事考えて取付位置や排水パイプを設置してもいいと思うのですが同じ業者が取り付けたのでしょうか? それとも先のエアコンの取付に違う業者が倣ったのでしょうか?今度は買い替えになりそうですが、その時はどうなるか見てみたいですね。
ロートクリーンホームページのリンク

 

咳が出るようになりエアコンクリーニングの御用命です

エアコンのカビにご注意!!

以前のブログで秋のエアコンクリーニングの重要さを書きましたが、早速の御用命です。咳き込むようになりエアコンを見たらカビだらけという事でクリーニングをご依頼されました。

エアコン洗浄前エアコン送風口洗浄前

使い初めはカビが生えていなかったという事ですが、さすがの黒カビもそこまでの増殖力はないのではないかと思います。薄くて目立たなかったか奥に生えてたのが見える位置まで増殖したか・・・。いずれにしても酷暑でフル稼働でエアコン内部が一時たりとも乾くことが無かったのでカビにとっては快適だったのでしょうね。
5年くらいご利用されているという事でしたが、2008年度製の三菱ノーマルエアコンでした。
送風口はカビもホコリも、すごい状況でしたがフィンとフィルターは掃除されているという事できれいでした。
洗浄用の水は通常多くてもバケツ2杯で足りますが、今回は3杯、それも予めかなり時間がかかるという見込みで満タンにしました。
シッカリ洗浄し洗闘終了です。エアコン周りに障害物があったのと洗浄に時間がかかった為、かなり時間がかかりお客様をお待たせしてしまいましたが、しっかり洗浄したので咳は出なくなり快適にエアコンをご利用できるかと思います。
ロートクリーンホームページのリンク

一宮で洗濯パンと洗闘

間取りは1Kで汚れも洗濯パンとトイレ以外は綺麗な物件でした。

洗面台から洗闘開始

洗面台が間取りの割には大型でした。この大きさでスケールで武装されていると萎えますが、スケールもほぼない綺麗な洗面台で鏡も拭き取りだけで済みました。

洗面台洗浄前洗面台洗浄後

洗濯パンとの初洗闘

洗濯パン洗浄前洗濯パン排水溝洗浄前洗濯機用蛇口洗浄前

ここまで手強い洗濯パンは初でした。蛇口もメッキ部分が見えません。まるでブロンズセイントです。洗濯パンがサビでここまでなるイメージの洗濯機は子供の頃に行った祖母の家の手で回すこんな洗濯機ですね。

洗濯パン洗浄後洗濯機用蛇口洗浄後

洗闘終了です。蛇口もブロンズセイントからシルバーセイントにレベルアップです。配管から臭気が上ってくるためラッピングしました。

次はトイレで洗闘

トイレはお風呂や洗面台に比べて固着した黄ばみで(にょ〇石と書くのは何故か抵抗ありますね)ここで以前のブログであげたPRO IMPACTデスケーラーの登場です。満を持しての登場でしたが、ビクともしませんでした・・・。黄色い石は苦手なのかもしれませんね。又、トイレットペーパーでパックすれば効果があったのかもしれません。今日はラップとペーパータオルしか無かったのでさすがに回収したくないので・・・。
結局、ガリガリと削り落としました・・・。封水の部分は汚れが固着していなかったのが救いでした・・・。
トイレ手洗い場洗浄前便器洗浄前便器洗浄後

汚腐呂

今日のお風呂は汚腐呂ではなく綺麗でした。(後から画像を見ると綺麗ではないですね・・・)カビもスケールも殆どなく短時間でクリーニングできました。但し、床のザラザラの目にスケールがこびりついていたので、又々、PRO IMPACTデスケーラーの登場でしたが今回も撃沈・・・。高い買い物となりましたね。

浴室洗浄前浴槽洗浄前浴室洗浄後

シャワーヘッド

割れたシャワーヘッド
賃貸物件のシャワーヘッドはヒビが入っている確率が高いです。手を滑らせ落として床に当たってヒビが入るのだと思います。今日のお風呂もそうでした。素材等か取り付け位置をもう少し考えれないものなのでしょうか?

 

空室清掃終了
エアコン、レンジフード、キッチンもキレイな状態でカビ、油の付着は殆どなくベランダ、窓・サッシ、床ワックス等々行ない無事、洗闘終了しました。

 

 

 

 

 

ロートクリーンホームページのリンク

エアコンクリーニングを使い初めの初夏に行なうのは無意味です!!

話が長くなるので結論から申しますと・・・、

エアコンクリーニングを使い初め
初夏に行なうのは無意味です!!

無意味というのは少々乱暴ですが、ハウスダストの原因となるダニに焦点を絞るとという事です。以下に順を追って説明していきます。

カビとダニの関係

エアコン内部にカビが生えていることはご存知だと思います。又、エアコンが吸気する時にホコリ、花粉、ダニの死骸・糞等のハウスダストを吸着しているのもご存知だと思いますが、エアコン内部で生きたダニが増殖するのはあまりご存じないのではないでしょうか?
人を刺したり、感染症を媒介したりと、何かと害のあるダニ。ダニやダニの死骸、ふんなどは、アレルギー、ぜんそく、皮膚炎、結膜炎などの原因となり、要注意な存在です。一般的に、カビの多いところにはダニが多くいます。カビにとって繁殖しやすいところでは、生育環境が似ているのでダニも繁殖しやすくなるといえます。よって、エアコン内部にもダニは発生します。

アレルゲンを出すエアコン実は、カビはダニの大好物なんです!!
→ 実は、黒カビをダニは食べないんです!!

 

 

アレルゲンでくしゃみする猫上のタイトル通りなんですが、カビとダニの関係を色々と調べていくとカビをダニが食べることにより、カビだけでなくダニも増殖すると色々なところで記載されています。

ですが、よく調べていくと・・・

エアコン内部に発生する黒カビ(風呂場のパッキンにつくカビと同じ)カビを食べるとされるコナダニは食べません。よって、エアコン内部の黒カビが原因でコナダニが増殖するという事はないようです。
ですが、実際にエアコン内部でダニが大増殖する事例もあるようです。

では、何故なのか・・・?

皮脂類、ホコリを食べるヒョウダニというダニがエアコン内に集められた栄養たっぷりのハウスダストをエサにしているという事ではないかと考えられます。更に、ヒョウダニは普通に皮脂を食べますが、黒カビが脂肪分を分解した皮脂を好む傾向にあるようです。我々がカビを利用して食物をおいしくするのと同様、油が分解されておいしいのかもしれませんね?
又、更にヒョウダニをエサにするツメダニというダニも存在するのでエアコン内部でツメダニも一緒に増殖してエアコン内部だけで食物連鎖が起きていると考えられます。

エアコン内部での食物連鎖

湿度  40%~80%以上
胞子は死滅しない
60%以上
誤差はあるがほぼ同じ
黒カビ ヒョウダニ コナダニ ツメダニ
エサ 皮脂・ホコリ・有機物
(無くても良い水分が重要)
皮脂・ホコリ
汗1gで、約300匹の
ダニが生息できる

黒カビが皮脂の脂肪分を分解したものを好む
乾物、調味料、
パン粉、味噌、
菓子類など多種
ヒョウダニ、
コナダニ
温度 25℃~28℃
胞子は死滅しない
20℃~30℃
誤差はあるがほぼ同じ

冬にカビ・ダニは死なないのか?

本来、ダニにとって冬は、気温が低く乾燥しているため、生きにくい季節で夏に発生する害虫と思われがちですが、最近では住宅の気密性や断熱性が向上している上に、加湿器の普及なども普及しています。尚、エアコンの取付位置を考えてください。普通、エアコンは部屋の上部についています。つまり熱は上昇する為、エアコン内部は使用しない冬場でも暖かいという事になり、一年中発生する環境が整っています。
但し
、冬が生育しにくい環境であるのは間違いないですが、死んでしまうわけではありません。寿命の約3か月間は動かずにジッとして生きていますし、死んだとしても、ハウスダストの原因の糞や死骸が残ります。

 ダニの死骸とフン又、卵に関しては寒さや乾燥に強い為、冬を越すことができます。
カビに関しても同様でカビ自体が死滅しても胞子は残るので、冬を越したたくさんのカビの胞子とダニの卵は、春から夏にかけて一気に発芽・孵化していきます。

結論アイコン

カビやダニが夏に大繁殖するのを抑えるには、冬の間に適切な対策をとるのが必要です。エアコンを久しぶりに使ったら臭った等で初夏の使い初めに依頼するお客様が多いです。当然ですよね、夏に酷使したエアコンの掃除をせずに一年間放置した為に、エアコンの中は汚れが現状維持どころか確実にカビ、ダニが増殖しています。
よって、使い終わる秋から冬にかけてエアコンクリーニングをするのが必要となるのです。キッチン等、なんでもそうだと思いますが、使い終わりに掃除をするのが、汚れを固着させないという最善の方法ですね。
ロートクリーンホームページのリンク

北名古屋市にダイキン製エアコンクリーニングに行ってきました。

北名古屋市にダイキン製のエアコンクリーニングに行ってきました。

エアコン洗浄前エアコン洗浄前拡大エアコン送付口洗浄前エアコン洗浄前送風フィンエアコン洗浄前カバーエアコンアルミフィン洗浄前エアコン洗浄前カバー取り外しエアコン洗浄後排水エアコン洗浄後

2007年度製なので10年以上未清掃で経過しています。LDKのご自宅でご主人が愛煙家だそうで油とヤニとがホコリを更に吸い寄せ、相乗効果で汚れが増している状況でした。バルコニーをお借りして本体カバーは洗浄しました。お風呂場をお借りするのが抵抗のあるお客様もいらっしゃるのでバルコニーやベランダが使えるのはありがたいですね。

大手ハウスクリーニング業者が盛んにCM流していますが、まだまだ、エアコンクリーニングが身近になっていないようです。エアコンの値段も昔に比べれば下がっているので、クリーニング料金とのバランスが微妙なのかもしれません。

エアコンクリーニング料金の日割り計算

エアコンクリーニング料金の価値を日割り計算で考えてみます。エアコンクリーニング料金を約10,000円だとすると冷房として稼働するのは大体3,4か月です。4か月で計算してみると一日当たり約83円のご負担となります。除湿や暖房で更に使う可能性も考えると決して高額なお金ではないかと思います。カビや花粉、ダニの死骸を撒き散らす弊害を考えれば尚更です。

エアコンクリーニングに無関心な方がまだまだ多い理由の一つに、共働き、個人主義、変質者増加等で部外者をご自宅に入れることに対して抵抗があるのかもしれませんね。ロートクリーンホームページのリンク

 

清須市に東芝製エアコンクリーニングに行ってきました。

クロスフローファンの動作不良

清須市に東芝製エアコンのクリーニングに行ってきました。リピートでのご依頼です。

エアコン洗浄前エアコン送風口洗浄前エアコン配線部洗浄前エアコン洗浄後

以前ご依頼のエアコン同様、汚れが結構溜まっていました。電源ON時、送風口奥にあるクロスフローファンが回らず棒で押して助走をつけてやらないと動き出さないという事でしたので、ホコリが詰まって動作不良を起こしているかと思いましたが、綺麗に汚れを取り除いても、状態は変わりませんでした。後で動作不良について調べたところ、にわか知識で間違っている可能性もありますが、クロスフローファンにバランスを取るために、小さな金具がついていますが、時間の経過とともに外れる場合があるらしいです。最初だけ回らないという事はおそらくモーターは壊れていないかと思います。よってこのバランサーが落下してうまく回らなくなったのではないかと思います。ロートクリーンホームページのリンク

清須市にエアコンクリーニング行ってきました。

LDKでご利用のエアコンクリーニングはお早めに

清須市でLDKの東芝製のエアコンクリーニングに行ってきました。

エアコン洗浄前エアコン洗浄前拡大エアコンアルミフィン洗浄前エアコン洗浄後排水

約10年間掃除していないという事と育ち盛りのお子さんが三人も居らっしゃり、油を使う機会が多いのか、アルミフィンまでびっしり油がこびりついていました。油汚れがあればホコリが張り付き、更にそのホコリに油が吸い付くという悪循環に陥ります。こうなると、かなりのスピードでエアコンが汚れていきます。又、ホコリはだけならまだ良いのですが油が張り付くと熱変換効率も著しく落ち、エアコンが効かないばかりか、電気代も無駄に消費してしまいます。送風口も更にカビがプラスされておりカビ臭も酷いとのお申し出でした。ロートクリーンホームページのリンク

あま市で富士通と三菱のエアコン洗浄してきました

あま市で富士通と三菱のエアコン洗浄してきました

富士通のエアコン洗浄

メゾネットタイプのお住まいで一階と二階のエアコン二台の施工依頼でした。
富士通のエアコンで購入後、数年経っていますが一度もクリーニングしていないという事でのご依頼でした。リビングのある一階はLDKなので油で汚れてるかと思いましたが、油汚れはありませんでした。又、猫も3匹飼ってらっしゃるのでホコリがすごいかもと仰ってましたがホコリもほとんどなく、送風口に若干のカビが付着している程度でした。色々施工させて頂いてますが、同じ住環境、経過年数でも何故かバラつきがあります。お客様自身も年数を目途に依頼されますが、カビの除去だけに絞れば一年に一度くらいの周期で施工するのが良いかと思いますが、カビは施工しても使用方法、頻度によってはすぐ生えてしまう場合もございますので、カビを汚れととるか呼吸に障害を引き起こす可能性のある菌ととるかで依頼の仕方が変わってくるのかと思います。丁寧にクリーニングして終了。次は二階です。

エアコン洗浄前

三菱のエアコン洗浄

二階のエアコンのメーカーは三菱でした。施工の為に一階も二階も家具等をしっかりと移動してくれていました。旦那さんが仕事で忙しい、女性では非力で動かせない等で結構、家具の移動も厳しい時が多々あります。事情は良くわかるのですが、事前のお約束では作業スペースの確保、汚損の可能性という事で移動をお願あましでいしております。サービス業の難しい部分ですが、今回の方の様にしっかり移動して頂ける方と頂けない方との線引きが難しいですね。こちらが移動するのは業務なのか?サービスなのか?業務であれば当然工賃が発生します。サービスであればしっかり、準備して頂ける方に対してのサービスを間接的に悪くしているという事になります。又、こちらが移動等の事前準備を全て行なう事にすると最初から家具類を置いていない方へには不平等となってしまいます。可能な限り、全てのお客様が平等になるサービスが考えれると良いですね。

EXILEの岩田さんの等身大ポスター話が横に逸れてしまいましたが、移動できないものはEXILEの岩田さんの等身大ポスターだけでした。娘さんのものという事ですが、「絶対濡らさないでね!!」という言付けでしたが「まぁー、水に濡れたらもっと良い男になるけどね♡!」と軽妙にフォローしてくれた様です。

 

三菱エアコン洗浄前

 

 

 

 

 

 

メゾネットタイプのお住まいの為、一階のエアコンの汚れが少なかったので、上に油煙等が上ったかとも思いましたが二階のエアコンは使用頻度が少ないのか更に綺麗な状態でした。岩田君の等身大ポスターを厳重に養生して丁寧にクリーニング行ないました。綺麗な状態だった為、排水もごくわずかでした。

エアコン洗浄後の排水

ロートクリーンホームページのリンク

清須市にエアコン洗浄と風呂釜洗浄と浴室のクリーニングに行ってきました。

エアコン洗浄と風呂釜洗浄と浴室のクリーニング

お客様はフルタイムで働かれている女性の方でお子さんも年頃の男の子ばかりで家事を手伝うでもなく。家事が間に合っていないので依頼されたという事です。

床の汚れは厚くなりすぎて、いざ掃除しようとなった時にビクともしなくなってしまったという事の様です。

トビラの汚れはよくあるカビと石鹸カスと水垢とホコリが入り混じった固着した汚れでした。いつも思いますが扉の構造が間違っているように思います。下から空気を取り入れる必要があるのかもしれませんが、扉の一番下に穴が開いておりここに水分と汚れが自然に溜まってしまいます。この穴が扉の上にあれば汚れもたまらず掃除もしやすくなるどころか掃除する必要も無くなるのかもしれません。

浴室の汚れから配管の汚れは相当出てくるのではないかと予想していましたが、予想に反して、普通の汚れでした。使用しているとは仰ってましたが、ほぼ、シャワーで済ませてしまっているのかもしれませんね。

仕上がりの写真を撮り損ねましたが根の深いカビ汚れは少なかった為きれいに仕上がりました。

エアコン洗浄の方は吹き出し口がカビとホコリでガッツリ汚れていました。カーテンレールがエアコンのすぐ下にあった為、養生がしにくかったですがエアコン自体はきれいに仕上がりました。アルミフィンは内部に比べあまり汚れていませんでした。

浴室床浴室床洗浄前

浴室トビラ浴室扉洗浄前

浴槽内浴槽洗浄前

風呂釜洗浄PRO

追い焚き配管洗浄中エアコン洗浄前ロートクリーンホームページのリンク

清須市のショートステイわだちにエアコンクリーニングに行ってきました

短期入所生活介護(ショートステイ)のわだちに行ってきました。

エアコンのメーカーは3台ともダイキン製でした。

お風呂の更衣室のエアコンから水漏れするとの依頼で他の二台は設置以来、エアコン洗浄を行なっていないのでこの機会にという事でした。

エアコン洗浄前

接写がうまくできなかったので凄さが分かりませんが、更衣室という事と更衣室に洗濯機と乾燥機が二台ずつある為、送風口とシロッコファンにびっしりホコリがついていました。

画像からわかるように本体上の隙間がわずかしかない為、やむなく本体カバーを付けたままの洗浄となりました。エアコン取付時、もう少し上手くできないのものかと思い見渡しましたが建物の構造上、無理のようです。更衣室という事でエアコンの設置が念頭になかったのかもしれませんが、エアコン洗浄の必要性がもっと認知されれば設計時から洗浄を見越した設置場所を考えるようになるかもしれませんね。

エアコン洗浄後排水

排水の中もホコリがすごかっただけあり、汚水だけでなく固形物も見えます。ホコリをしっかり除去した為、水漏れは直りました。

エアコン洗浄前エアコン送付口洗浄前

他の二台は会議室と入所者さんの病室でホコリはほとんどなくカビ汚れでした。この二台は隙間が確保されていた為、本体カバーを外してしっかり洗浄できました。ロートクリーンホームページのリンク