改装マンションの美掃のご依頼

ウダウダの予感

今回は他の業者さんが作業を行なっている中での作業となりました。
工程的にはクリーニングは最後の役割なのでこのパターンだとウダウダになるのが目に見えています。浴室美掃 廊下美掃 トイレ美装

自分の常識は他人の非常識

浴室、脱衣場、トイレから先に清掃です。改装なので基本ホコリの除去だけです。浴室を終えてトイレに取り掛かり便器を見てみるとあろうことか使用した形跡があります。過去にも賃貸アパートの退去清掃で畳屋さんが雨あがり後、土足で歩き回り手間を増やしてくれましたのでこの業界に稀にだと思いたいですが非常識な方がみえるのは織り込み済みです。我々クリーニング業者が最後にクリーニングを行なうから構わないという考えでしょうが、逆の立場になれば嫌ではないのでしょうかね? 顔も知らない赤の他人に一番最初に使われて・・・。そもそも、お客様宅に伺う在宅クリーニングにおいても基本、おトイレはお借りしません。師匠曰く、お客様宅のクリーニングに伺ったのに汚してどうするんだと・・・
では、どうするかというとまず極力事前に水分を摂取しないようにします。お客様宅で気を遣われて飲み物を頂く事もありますが、理由を話して丁重にお断りいたします。それでも生理現象なので最悪の場合はこれはこれで迷惑かもしれませんが近隣のコンビニをお借りします。もちろん使用料を兼ねて何かを購入させて頂きます。

再工事

浴室、トイレ、洗面台と終わりサッシに取り掛かり始めたところで、洗濯パンの向きを変えると違う業者さんがみえました。洗濯パンのみを簡単に変えれるのかと思いましたが配管から変更しないといけない様で素人目には結構大変そうです。電動のこぎりで床も切断しています。粉塵がぁ~・・・と思いながら作業をしているとしっかり掃除機もかけて拭き取りまでしていってくれ「汚してすみません」とお声かけまでして頂きました。くどいですがトイレを無断使用した人に聞かせてやりたいですね。

改装場所以外のクリーニング

部分改装という事でキッチンは改装してないのでクリーニング対象に含まれておりません。施主様が予算の都合で改装を見合わせたのだと思います。素人考えですが改装料をサービスする事は流石に無理だと思いますがクリーニング代くらいはサービスできるくらいの利益は出ていると思うのですが・・・。
改装してお部屋は綺麗になりましたがキッチンはそのままなので逆にみすぼらしく見えてしまいます。

再掃除・・・

恐らく施工主様側だと思いますがクリーニングした後の床に拾えば済むゴミをそのまま放置・・・。先に帰られた部下の方は自分の作業で遅れたと謝罪しこちらがやる部分まで気を遣って掃除してくれ、帰りがけに「遅くなってすみません」との言葉までかけて下さいました。本当に自分の常識は・・・ですね。
最初の予想が的中しダラダラとぼやいてしまいましたが感謝されるとまでは行かなくてもせめて自分自身お客様や周りにご迷惑をかけないように気を付けて行きたいものです。

ロートクリーンホームページのリンク