実家にてレンジフードのクリーニング

たまには親孝行

実家のレンジフードのクリーニングをたまには親孝行という事で行ないました。
3年位前に旧知の業者に頼んだという事らしいですが・・・。
旧知という事ですが施工代は払った様です。旧知という事が悪い方に働きいい加減な掃除を行なった様ですね。

キッチンペーパーで油ガード

レンジフード内側 レンジフード外観 レンジフードフィルター

高齢の為、そこまで油を使わないと思います。料金自体はおそらくお友達価格だったのではないかと思いますが、その時の施工で横着し、油汚れをしっかり取らず見え無い場所はしっかり行わなかったようで、フードの返しの部分にキッチンペーパーが敷き詰めてありました・・・。フード底面の整流版の内側も凄い事になってます。
親の怪しい記憶では一生懸命擦っているだけで自分の掃除と大差ないと感じ逆に申し訳なくなりそれ以来、掃除を依頼する事はなくなったようです。
外装は酸化油に強そうな塗装でしたが、フィルターはよくある艶消しブラックの塗装で油とホコリでしっかり満遍なくコーティングされていました。案の定、浸け置きが終わると真っ白です。このフィルターは下塗りに強い塗装が施してあるのかアルミ剥き出しにならずに白い塗装が出てきました。無駄に黒く塗る必要無いのでは???
ケーシングの中はみたらしのタレは無く硬化し始めていました。ここからもわかるようにやはり、油はあまり使用してないようです。よって、キッチンペーパーは予防でなく取り切れなかった油を吸わせるために誤魔化しただけのようですね。

前回取り切れなかった汚れもあった為、結構時間がかかりましたが喜んでもらえました。次回はエアコンのクリーニングでもしてこようと思います。
親御さんと離れて暮らしている方は是非ロートクリーンにご依頼ください。高齢であればあるほど掃除も苦労されていると思います。ご自分で出来なくても気持ちはきっと伝わるはずです。

 

ロートクリーンホームページのリンク