賃金の激安従業員を雇いました

激安賃金の従業員の雇用

他のブログでも触れましたが、手の遅いよく言えば丁寧な自分は結構時間がかかります。そこで少しでも早くできたらと空室清掃用にロボット掃除機の購入を考えました。但し、最初からルンバ等の高額商品を購入してやらかしたら目も当てられません。と言ってもそこそこの値段でも日本製以外は不安です。そうなると安くても5万程度はかかります。お試しで5万はさすがに無理です。かと言って日本製以外の3万前後の商品もAmazon等のレビューを見ると動かなくなったとか、充電できなくなったとか不安になるレビューが結構あります。そうなると、もうワンランク下の物となります。色々と調べましたが、10000円以下の物で有ればやらかしても傷は浅いと思いツカモトエイムの物に決めました。7016円でした。結局、日本製ではありませんでしたが、この価格では無理ですよね。

旧尾掃除ロボ

出社拒否・・・

3回位働いてもらった所で、出社拒否となりました。意外と役に立ったのですが、60分位ですぐ長い休憩を勝手にとってしまう使いにくい従業員でした。稼働時間をあまり気にしていなかったのですが、さすがに短すぎます。色々調べると、ルンバの最上位機種は120分が限界です。交換用のバッテリーを追加すればと思いましたが、バッテリー単体での充電ができない為、わざわざ本体に装着して充電しなくてはなりません。バッテリーの金額も約3000円で本体の半額では判断に迷う値段です。充電に本体が必要で尚且つ、バッテリーが半額も占めるなら本体をもう一台購入した方が良いという判断になり、もう一台購入しようとAmazonを見てみると、上位機種で最大120分稼働とあります。約10000円です!!こちらは、ブラシも2つついており一台でも1台目に比べると倍の効率になります。

新お掃除ロボ

二人目雇用

2台で衝突の危惧はあるものの効率アップと思いきや1台目が10分位でストライキです・・・。有能な後輩にいじけたようです・・・。どうやらバッテリーがいかれたようです。こうなるのは織り込み済みでしたが、交換用バッテリーを買うのも微妙なのでしばらくは優秀な後輩に頑張ってもらいます。

お掃除ロボの成果

ルンバのシェアが伸び悩んでいるらしく、一気にシェアを伸ばしたい思惑から、戦略モデルを約3万円値下げしたらしく時期を改めて超エリートのルンバ君を正式採用するのもいいかもしれませんね。その頃には、私のスキルが上って不要になっているかもですが・・・。又、今バッテリーを見ていると、他社から倍稼働できるバッテリーがほぼ同額で発売されておりレビューも良い為、これであれば本体価格の半分の価値はあるかと思いますので、1台目の再雇用もありかもしれません。
ロートクリーンホームページのリンク