トイレ2カ所のご依頼です。

一宮でトイレ2カ所の施工です

 

トイレ単品でのご依頼とあって失礼な思い込みですが、汚吐入かと思えば、ホコリは多めでしたがごく普通の状態でした。依頼された理由が年配の方で右手が不自由で掃除が出来ないと事でした。お金は頂いていますがお手伝いできた様で気持ちが良いですね。
以前は介護保険で定期的な掃除の依頼が出来たようですが今はよくある改悪で仕組みが変わり介護保険が使用できなくなったので依頼しにくくなったとの事です。
本当にこの国は大丈夫なのか不安になりますね。外国人労働者を受け入れる枠を拡げるという事ですが、大企業に吸収されて終わりなのでしょうね・・・。本当に必要とされている場所に受け入れて欲しいものですね。きめ細かい?といわれる日本人の様にはいかないかもしれませんが、介護そのものでなくてもこういった方の手助けであれば日本語が出来なくてもある程度は何とかなるような気がします。

洗闘開始!!

トイレの小窓も全て外してクリーニング。おタバコを吸われるようでトイレ内に結構、ヤニ汚れがありましたが、きれいになり、小窓の木枠の部分がコゲ茶色かと思っていましたが、元は白っぽい木だったようです。

まさかの網戸との死闘・・・

順調に終わり窓をはめて終了という所で最後2カ所目のトイレの網戸がはまりません・・・。元々、器用な方では有りませんが、それにしてもです。網戸の形状も結構種類があり今回は初めて見る形状です。上部両端にU字型のプラスチックが二個ついておりそれが網戸のレールを挟み込む仕組みになっています。外側に面格子がある為、角度が足りず上部のプラスチックが引っ掛かります。かなりの時間を要して何とか装着・・・。途中諦めて格子を外そうかと思ったほどです。
はまらなかった原因はおそらく新しい時はプラスチックが柔らかくある程度強引にはめれてたのかもしれませんが経年劣化で硬くなり融通が利かなくなってしまったのかもしれません。又、あるいは結構古い家だった為、枠が歪んできているのかもしれません。もちろん、自分のブキッチョも否めません・・・。

災い転じて福となす

クレームもののドタバタ振りが一生懸命に映ったのか、気に入って頂けたようで次回、お風呂をご予約されました。それも、こちらの都合の良い時に電話してくれとの事です・・・。ご訪問の際も、電話の対応が良かったから依頼したと言ってくださいました。自画自賛しているわけでなく、ハウスクリーニング業者のお客様との約束事項等を見ていると「えっ?」という低レベルな事が書いてあると思った方もみえると思います。要するに残念ながら常識外れの業者もいるという事なのでしょうね。私もそうならないようにいい歳してますが精進していきます。
又、最後にはお会計以外にお駄賃まで頂いてしまいました・・・。もちろん、遠慮させて頂いたのですが、強いお申し出だった為・・・。

ご依頼大歓迎!!

ハウスクリーニングのメニューの中で心情的にトイレの依頼はしにくいのかもしれませんがロートクリーンではご依頼大歓迎です。遠慮なさらずに是非ご依頼ください!!
ロートクリーンホームページのリンク